So-net無料ブログ作成
検索選択

『ヘレン・シャルフベック 魂のまなざし』に(広島・三次) その2 [旅]

2015年11月7日(土)

宿の朝は、すがすがしい空気に満ちていた。

IMG_0469.JPG

ロビーの壁には、陶板画が掛かっていた。
眺めていると、不思議な世界に引き込まれそうである。

IMG_0472.JPG

IMG_0473.JPG

外では、紅葉が鮮やかである。

IMG_0468.JPG

今日は、この旅の目的である美術館にまず出かけることにした。
『奥田元宋・小由女美術館』(三次市)である。
もちろん、奥田元宋の作品、小由女の作品も見るのであるが
なんといってもフィンランドの女性画家『ヘレン・シャルフベック』の作品が第一である。
美術館の駐車場の楓もきれいに紅葉していた。

IMG_0477.JPG

IMG_0478.JPG

入館するとロビーから、素晴らしい眺め!

IMG_0480.JPG

満月の夜は、この水の庭に満月が映し出されて、幽玄な世界を演出するそうである。

が、まずはこれ!

img183.jpg

img184.jpg

作品は1階から~3階に渡って、84点
見応えのある展示である。
日本では、東京に次いで、ここだけの展示会となる。

一服してから、本館の常設展へ

IMG_0482.JPG

窓の外の風景もすてたのもではない。

IMG_0485.JPG

奥田元宋の代表作

img182.jpg

燃え上がるような月夜の山である。
作品名は『紅嶺』、1987年の作品

観賞の後は、近くのワイナリーで買い物(笑)
車を走らせて、昼食

IMG_0488.JPG

竹林をバックに紅葉樹が、印象的でした。
食事の後は、『辻村寿三郎人形館』に出かけた。

IMG_0489.JPG

IMG_0491.JPG

ナビで人形館を探したが、出てこなかった。
大方の目安をつけて、近所まで来て、人に聞いてやっと見つけた。
聞けば、最近ここ「三次市歴史民俗資料館」に引っ越したのだとか。
もともとこの建物は三次銀行だったという。
堅固な金庫があったのもうなずける。

IMG_0493.JPG


で、これで今回の旅行の目的はすべて完了。
帰途についた。
全員無事帰宅した。







 


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。