So-net無料ブログ作成
検索選択

信州への旅 その1 [旅]

2016年10月16日(日)

秋風に誘われ、にわかに旅心が目覚めて、小さな旅に出た。
初日の行き先は、しらびそ高原と下栗の里。
下栗の里は、「日本のチロル」といわれている。
百名山の登山家深田久弥氏が
「下栗ほど美しく平和な山村を私はほかに知らない」と絶賛している。
南アルプスを望む飯田市上村の東面傾斜面にある標高800m~1,000m所にあり
最大傾斜38度の傾斜面に点在する集落である。
ここはいわゆる観光施設ではない。
昔から今まで人々が住み生活している里である。
村の人に聞くと、昭和十年頃までは、炭の生産で村は栄えていたという。
その小学校跡地に今は、地元特産物の直売店などがある。

IMG_2850.JPG

IMG_2851.JPG

そこに車を止めて、坂道を上り、村人が総出で作ったという山道がある。
人一人通れるような小径が険しい傾斜地に作られていて、
すれ違うときは、いずれかが立ち止まって道を譲らねばならない。

IMG_2833.JPG

その先に下栗の里を一望できる手作りの小さな展望台がある。
手作りなので「定員10名」と書いてあった。

IMG_2797.JPG

IMG_2822.JPG

IMG_2827.JPG

IMG_2819.JPG

IMG_2820.JPG

IMG_2821.JPG

景観を楽しんだ後は、しらびそ高原に向かう。

IMG_2852.JPG

IMG_2854.JPG

IMG_2857.JPG


しらびそ峠を越えると、今夜の宿「ハイランドしらびそ」である。

IMG_2796.JPG

IMG_2859.JPG

ここは標高標高1,918mにあり、雄大な南アルプス・中央アルプス・北アルプスの
パノラマが楽しめる。
高原では、もう夕暮れが訪れていた。

IMG_2861.JPG

明日は雨の予報が出ていて、この先が心配であるが、疲れたので一杯飲んでねる。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 2

斗夢

シラビソはどこににもある木ではないんですね、TVで山番組を見るとよく聞きますが。
ネットで調べようと「しらびそ」と入れたら「しらびそ高原」が出てきました^^。
by 斗夢 (2016-10-24 05:12) 

風の友

斗夢さんへ
「しらびそ」というと白い感じの木かと思ったら、緑でした(笑)
木なのに寿命が数十年と短いそうです。

by 風の友 (2016-10-24 21:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0