So-net無料ブログ作成
検索選択

信州の旅 その3 白樺湖から万座へ [旅]

2016年10月18日(火)

信州の旅3日目の朝は、爽快な天気だった。
ホテルの庭では、ナナカマドの赤い実がたわわに実り

IMG_2952.JPG

白樺の林の向こうではモミジが日の光を受けて、輝いていた。

IMG_2957.JPG

まずは、白樺湖を一周した。
対岸から眺めるとパイプの煙は見えないが(笑)ホテルは、
車山をバックに、湖にきれいに映り込んでいた。

IMG_2960.JPG

IMG_2956.JPG

IMG_2963.JPG

昨日は霧で見れなかった霧ヶ峰に再チャレンジすることにした。

IMG_2967.JPG

車山の山麓のパーキングエリアからは、富士山が望めた。

IMG_2971.JPG

車山を過ぎるといよいよ霧ヶ峰高原
なんだか郷愁を感じる風景である。
思わず、故郷の久住高原を思い出してしまった。
7月頃なら、ここらはニッコウキスゲが咲き誇っているところである。
が、私は、秋の草原風景の方が好きなのだ。

IMG_2975.JPG

IMG_2976.JPG

IMG_3013.JPG

IMG_2985.JPG

IMG_2988.JPG

IMG_2989.JPG

IMG_2994.JPG

霧ヶ峰で折り返して、車山の草原を眺めながら白樺湖に戻る。

IMG_2999.JPG

IMG_3001.JPG

IMG_3004.JPG

IMG_3007.JPG

IMG_3012.JPG

IMG_3013.JPG

IMG_3022.JPG

眼下に白樺湖が今日は、はっきりと見えた。

IMG_3017.JPG

IMG_3018.JPG

白樺湖から北上し、女神湖で、休憩。
ここの秋色も素晴らしい。

IMG_3025.JPG

IMG_3028.JPG

IMG_3029.JPG

大門街道をさらに北上し、千曲川を越えて、
湯ノ丸高原、地蔵峠を経て、池の平に訪れる。

IMG_3036.JPG

IMG_3038.JPG


IMG_3077.JPG

カラマツ林を抜けると、そこは広々とした池ノ平である。

IMG_3074.JPG

以前、夏に訪れたことがあるが、そのとき、
いつかは、秋にも是非訪れたいと思った場所である。
以来、十数年ぶりの念願が叶ったことになる。
想像したとおりの姿で迎えてくれた。

IMG_3045.JPG

IMG_3053.JPG

IMG_3057.JPG

IMG_3064.JPG

以前訪れたとき、池にはアヤメが咲いていて
私は、アヤメ池とばかり思っていたが
標識は、「鏡池」と書いてあった。

IMG_3065.JPG

ただ、少し残念なのは、下界は晴れていたのであるが
ここでは、雲が空を覆っていた。
なにしろ、標高2,000mの場所であり、天候はすごく気ままなのだ。
木道に腰を下ろして、昼食をとった。
時折、雲の切れ目から、部分的に日が差してくる。
こういうところで、おだやかに死を迎えられたらとフト思った。

IMG_3066.JPG

木道の下から、名も知らぬ草花が私達を見上げていた。

IMG_3041.JPG

IMG_3071.JPG

名残は尽きないが、後ろ髪引かれる思いで、万座ハイウェイへ向かう。

IMG_3080.JPG

IMG_3087.JPG

IMG_3088.JPG

IMG_3090.JPG

途中、嬬恋牧場でコーヒータイム
ここには、「愛妻の鐘」というものがあるのだが、
さすがに私は、ならす気になれなかった。
代わりに若いカップルがならしていた。

IMG_3094.JPG

IMG_3091.JPG

IMG_3092.JPG

紅葉に燃える山を眺めながら、
今夜の宿、万座温泉聚楽に向かった。

IMG_3099.JPG

宿では、早速野趣味豊かな露天風呂で夕暮れを満悦。
多くの宿泊客がいるのに、なぜか露天風呂は独り占めできた。
やがて一番星が迎えてくれた。
夕食の一杯が楽しみである。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。