So-net無料ブログ作成
検索選択

プリンス・エドワード島の旅―5 [旅]

2009年8月27日

プリンス・エドワード島 第4日目(現地6月25日)

ホテルで朝食を済ませて、街を眺めながら散歩気分で
レンタカー店Budgetに向かう。歩いて15分ほどである。
早速、東に向かって"Points East Coastal Drive"の
Trans Canada Highwayをオーウェルコーナーに向かって
快調に走る。
オーウェル歴史村の見学である。
沿道には、川や畑が広がってくる。

IMG_9620.JPG

IMG_9623.JPG

オーウェル歴史村の駐車場について、歩いていたら
勢い良く一台の車が入ってきた。ツーリストの車である。
下りてきた人たちを見たら、なんとその中に例の同じツアーの
彼女の姿があるではないか!
彼女の名前は、えらちゃん。
現地ツーリストのツアーを利用したとのことである。

僕らは、彼女達の集団に続いて受付のある展示会場に入る。
開拓当時の写真や農機具、生活用品などが展示されていた。
そこを出ると赤い路を歩いて村に入る。

IMG_9631.JPG

まず目に入ったのは、ワンルームスクールの建物。
アンも作品の中で、この様なワンルームスクールに通った。

IMG_9632.JPG

これは教室の内部。

IMG_9638.JPG

突然ですが、僕の好きな風景、柵の向こうは農園。

IMG_9644.JPG

広場で一休み、向こうに見えるのは市民ホール

IMG_9645.JPG

これはホールの内部

IMG_9648.JPG

玄関、懐かしいランプが下がっている。

IMG_9650.JPG

昔僕も登山に使っていた。
外から見たホールの玄関

IMG_9651.JPG

これは雑貨屋さん。

IMG_9654.JPG

いろんなものを売っている。

IMG_9655.JPG

IMG_9656.JPG

これは、民家の居間。

IMG_9663.JPG

IMG_9664.JPG

上流社会の民家だと思う。
ここで、面白いものを見つけた。
日本の茶缶
明治時代のものらしい。

IMG_9677.JPG

これは、茶缶の蓋の裏に描かれた茶摘の絵
この風景は、静岡かな?

IMG_9676.JPG

これは納屋

IMG_9678.JPG

庭には、綺麗な花が咲き乱れている。

IMG_9681.JPG

IMG_9682.JPG

昔の鍛冶屋さん。

IMG_9685.JPG

僕らの名づけた「恋人たちの路」
なぜかというと並んで歩こうとすれば、
体をくっつけないと歩けない。

IMG_9686.JPG

村の教会

IMG_9690.JPG

1861年に出来たという。

IMG_9692.JPG

教会の内部。

IMG_9693.JPG

で、また、歩いて駐車場へ

IMG_9696.JPG

展望休憩所でお昼弁当たべた。
この写真は、そこにある案内板

IMG_1098.JPG

だけど、なんでこんな格好をしてるときに撮影するんだ!
どうも、妻は時折変な写真を撮って面白がる癖がある。

昼食後は、更にハイウェイを東に進み、
長い半島の先端になるポイント・プリムの灯台へ向かう。
沿道の風景

IMG_9697.JPG

IMG_9713.JPG

沿道の家々

IMG_9699.JPG

IMG_9705.JPG

IMG_9707.JPG

IMG_9708.JPG

IMG_9709.JPG

IMG_9703.JPG

赤い農地、農地の向こうは海!


IMG_9715.JPG

どこまでも続くような赤い道

IMG_9716.JPG

赤い屋根の家の横を通り、

IMG_9719.JPG

ポイント・プリムの灯台へ到着
この灯台が、プリンス。・エドワード島で一番古い灯台らしい。
丸い灯台は、ここだけである。

IMG_9724.JPG

(次回へ続く)


 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「アンを探して」の試写会に参加して [絆]

2009年8月26日(水)

一週間前の20日に京都、河二ホールで映画「アンを探して」の
試写会がありました。
僕ら夫婦も、この映画成功のためにちょびっとだけど資金提供を
して賛助会員になりました。
そのためか、試写会への御招待を頂き、出かけました。
会場は、ほとんどが女性の方で溢れていました。
ユリさんのお母さんも来場していました。
80代だというのに元気一杯!
僕のブログ「プリンス・エドワード島の旅」が
「遅々として進まないのでいらいらする。早く書いて欲しい」と
苦情をいただきました。(笑!)
といのも、プリンス・エドワード島でユリさんご夫妻に
お逢いできたのですが、そこが早く読みたいという親心なんだ。
でも、まあ、理由はともかく、注目してくださる人がいることは、
非常ににうれしいのだ。
試写会には、そのユリさんも、監督の宮平貴子さんも来ていて
ご挨拶があった。

IMG_1383.JPG
       (プロデューサー ユリ・ヨシムラ・ガニオンさん)

IMG_1385.JPG
            (映画監督 宮平貫子さん)

映画の出来は、非常に感動的なものでした。
最後は、感動の涙、涙です。
この秋に日本でも上映が開始されることになっているので
そのときは、もう一度見ようと思いました。
大成功して欲しいというか、多くの方に鑑賞していただき
映画の感動を共有できたらと思います。

映画のポスターとパンフレットも出来ていて、いただきました。

docu0009-1.jpg

docu0010-1.jpg

プロデューサー ユリ・ヨシムラ・ガニオンさんのご挨拶
         (当日配布された印刷物のコピー)

               映画  「アンを探して」
        カナダ・プリンスエドワー ド島でオールロケ

             映画について 

アンとは?あの 「赤毛のアン」の主人公アン・シヤーリーです。
おしゃへりで、旧疽持ち、痩せっぼちで、そばかすだらけ。
そのうえアン本人日く「みっともない赤毛の少女]に男性も含め、
これほど多くの人が魅せられるのは何故だろう?
そんな単純な疑問から「アン」をペースに映画を撮りたいと考えるようになりました。

 「赤毛のアン」はカナダて出版されてから100年になり、
 日本ても戦後に出版されて半世紀以上が経ちます。
 第二次世界大戦がはじまり、日本を去ることになったカナダ人宣教師が、
 ある友人に―冊の愛読吉を託しました。
 その友人こそが初めてアンを日本に紹介した也訳者の村岡花子さんです。
 彼女は戦時中も灯火規制のもと、家中の紙をかき集め翻訳を統けました。
 そして敗戦後灰色の時代が終わり、明るさが見え始めた1952年 「赤毛のアン」と
 名づけて出版されました。
 この本は、当時の日本女性を夢中にさせたのです。

カナダに住みながら長年訪れる機会がなく、
母に急かされやっとプリンスエドワード島を訪問したのは、4年前。
その島は原作者のモンゴメリが 「世界で―番美しいところ」と愛した様に、
なだらかに連なる丘、それを彩る花々、あふれる緑、輝く海、赤土の農道・・と
私たちの期待を裏切りませんでした。
旅のあと、眠っていた企画を夢中で進め始めました。
半世紀以上も経てなお衰えない文学の持つカ。また名作を介して結ばれ、
そして戦争によって引き裂かれた日本人とカナダ人の友情の実話、
それらにインスパイアされ、試行錯誤の後 『アンを探して』の物語は生まれました。
企画が進むにつれ、「赤毛のアン」の魅力ももっと深く理解出来る様になりました。
どんな悲しい事が起こっても明日はきっといいことがあると前向きに生きるアンの姿、
そして 「人間はいろんな人がいていい…」と謳うモンゴメリの共生、共存の精神です。

 「アンを探して」の物語の中、17才になったばかりの杏里 (あんり)は、
 祖母の遺した大学ノートに記された様々な青春の想いを発見。
 古びた「r赤毛のアン」の原書、平和の象徴のバラ 「ピース]、
 プリンスエドワード島に点在する灯台、大好きだった祖母が遺したこれらのキーワードは、
 悲しみに沈んでいた孫の杏里 (あんり)に島に行く勇気をあたえ、
 そして思わぬ奇跡を呼び起こします。


                     映画製作事情

<29才の新人女性監督>

一般に日本の映画業界では、弱冠29才の新人女性監督が映画出演ほほ初めての俳優を起用し、
オリジナル脚本で映画を作るということはギャンブルに等しいと言われるのが実情です。
映画 「アンを探して」は、宮平貫子監督を中心に2年以上の脚本執筆などの準備期間を経て、
地元カナダのクリエーター達がしのぎを削って申請する映画助成金など、
カナダでの貧金サポートを受ける事が出来ました。
日本でも文化庁からの援助金を得る事ができましたが世界的金融危機のため、
残す日本ての資金集めは思いもよらぬ厳しいものとなりました。
そんな中でも本作の可能性と必要性を信じ、
さらに「赤毛のアン」出版100周年の年を記念したいと、
昨年 (2008年)の夏にカナダロケを決行いたしました。
宮平監督の新鮮な感性と指導力を中心にスタッフ・キャストが力を出し切り、
また多くの応援会の方達の協力により、完成の連びとなりました。

<映画ファンの支え>
作り手が作品を 「素晴らしい」というのは簡単ですが、確証がありませんし、
独りよがりと思われるかもしれません。
そこで、直販雑誌 『いきいき』に協方を仰ぎ、カナダ大使館共催のもと、
読者200名を対象に、まだ未撮影部分がある作品のテスト試写会を開催いたしました。
その結果、アンケート回答では94%の人が
「人に勧めようと思う、とても強く思う、もう―度見たい」と答えて下さり、
また 「見終わったあと、優しい気持ちになりました」
「これは静かな反戦映画だと感じました]など貴重な感想・意見を頂戴し、
おおきな励ましとなりました。

日本の女性たちに届けたい

祖母、母親、娘と3世代の女性にエールを贈る映画 「アンを探して]。
この映画は時を越え、海を越え、大切なものを伝えようとする純愛の物語です。
そして―冊の本が人の人生を変えると言う奇蹟の物語でもあります。
この映画を―人でも多くの人に観てもらいたい。それが今の私たちの希望です。

日本全国、映画館のない小さな町でも上映をする方法はないかと、
これはまた映画製作以上の思考錯誤の日々でした。
幸運にもシネカノンと全国映画センターの共感を得、
パ―トナーとして参加してくださることになりました。
この映画の持つ 伝えたい、大切なこと]を感じ取り、共に上映の仕事をして下さいます。

宮平亘子監督と私は、この映画を作ろうと語り合った時から二人三脚で
労苦を分かち合って来ました。
そしてこれからこの映画を日本全国のみなさんに届けるために駆け回ります。
上映会場で是非みなさんと意見の交換もしたいと思っています。
今、私たちは、各地でこの映画を自主上映して下さるサポーターを募集しています。
どうかふるってと参加ください。

  プロデューサー
    ユリ・ヨシムラ・ガニオン

ご質問等ありましたら遠忘なく連絡ください。

docu0013.jpg
STORY

朝はどんな朝でもよかないこと?
その日にどんな事が起こるか分らないんですもの、 想像の余地があるからいいわ。
~「赤毛のアン」ルーシー・M・モンゴメリ著/村岡花子訳より

 
2008年夏。カナダで一番小さな州、
世界で一番美しいといわれる島プリンス・エドワードに、
一人の少女・杏里(アンリ・17才)が降り立つ。
一緒に来るはずだった亡き祖母・静香が大切にしていた宝物、
それは半世紀前、戦争の傷跡を残す東京で、
恋をしたカナダ人兵士からもらった「赤毛のアン」だった。
そして、祖母が残した古い大学ノートには黄ばんだ灯台の写真
大輪の薔薇の花“ピース”が描かれていた。
杏里は密かに祖母の初恋の兵士を探し始める。
毎日灯台に自転車を走らせる杏里を不思議そうに見守るB&Bの女主人マリ。
面倒見がよく溌剌としたマリと、“ちょっと変わった”隣人ジェフ(60代)との交流、
またジェフの息子ライアンとの淡い初恋や、
美人姉妹ミユキとミカとの出会いも杏里の旅に刺激をあたえ、
優しく彩っていく。
旅の終わり、奇跡の薔薇“ピース”の秘密と、
灯台の写真がピッタリと重なり、
兵士探しをあきらめかけた杏里に素晴らしい終幕が待っていた。

「アンを探して」公式サイトはここから

「アンを探して」公式ブログは、ここから

docu0047.jpg

(追伸)

関西での上映日程が判明しましたら、このブログでお知らせします。


 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

プリンス・エドワード島の旅―4 [旅]

2009年8月13日

プリンス・エドワード島 第3日目

レンタカーを借りて明日からドライブしようと店を調べる。
空港周辺には、お店が多いのだけど、ここからはちと遠い。
1軒だけ近くにあった。地図を見ると歩いていける距離だ。
で、そのお店に決めて9時に町並みを観光しながら、ぶらぶらと
出かけて行った。

お店はすぐ見つかり、予約。
出発前の情報では、レンタカーが少ないので、早めに予約しないと
借りられないと書いてあったが、今はまだシーズンの入り口の
時期なのか、希望の車が借りることが出来た。
で、レンタル料を現金で払うといったら、駄目だという。
クレジットカードオンリーだというのだ。
「なんでやねん」と思ったが、一応カードを持ってきていたので
契約は成立した。
なんで「カード」しか駄目なのかは、返却するときに謎が解けた。

で、車が確保できたので、一安心。
今日は一日シャーロットタウンの観光にした。
街は静かで落ち着いた感じの街である。
街を歩いていて、気づいたんだけど、やたらと教会が多い。
それも、ひときわ大きな建物で、しかも石作りだ。
一軒の教会に入ってみたら、正装した信者の方がお祈りに来ていて
どうみても、僕らの服装は、場違い!
そうそうに引き上げた。

town14.JPG

town10.JPG

town15.JPG

town16.JPG



家々には、芝生があり、花壇のあるお家もあり、
玄関には、椅子が置かれている。
みんな生活を楽しんでるという雰囲気が伝わってくる。

town9.JPG

town6.JPG

town4.JPG

town3.JPG

お昼は、現地旅行社の方に紹介してもらったお店に行く。
"コーズ"と言うお店だ。
安くて、量が多くて、おいしい!!!
言うことなし!

街を歩いていたら、面白い風景を見つけた。
街角に紳士がベンチにすわり、横向いている彫刻があるのだが
そこに人が座った。

town1.JPG

town2.JPG

何気なく見ると人が二人ベンチに座って話しているように見える!
が、一人は彫刻なのだ!
なんか可笑しいので写真に収めた。

また、馬車と例のハデハデ水陸両用車に出合った。

town13.JPG

港公園まで出かけてみると、いろんなお店が並んでいた。
中には、なんと「こいのぼり」を売ってるお店まであったよ。

town5.JPG

town17.JPG

ここでアイスクリームを買って食べる
これがまた、なんとも美味しい!!
途中、ホタルの前を通ることにもなり、ホテルで一休み、身支度してまた出発!

4時過ぎから、キングスクウェアをぶらぶら散歩。

town7.JPG

芝生にベンチが置いてあったので、そこで一休み。
妻は、そこで絵葉書を友達や親類に書いた。

town8.JPG

木下では、若者が6名集まり、体操を始めた。
ここは、今夏時間で、4時で勤務は終わるのだ。
勤め帰りなのか、とにかく楽しそうに体操をしている。
見てる方も楽しくなる。

夕食は、ロブスターにしようと言うことで、再び紹介された
お店を探した。

夕日を浴びて、街はしっとりとして、家々の玄関では
椅子に座って、家族や友人と歓談している。
家族で港の公園に出かけていく人たちもいる。
なにか町中が和気藹々の雰囲気である。

town20.JPG

town19.JPG

town12.JPG

town18.JPG

お店は、僕の感がぴったり当たって、さかさ長靴のお店を発見。
ゆでロブスター2匹をお持ち帰りで買う。

town11.JPG

夕食は、ホテルの部屋で、ロブスターを食べながら酒盛り!
お疲れ様、今日も良い日でした!
二人だけの幸せをかみしめる。


 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プリンス・エドワード島の旅―4 [旅]

2009年8月6日(木) 

プリンス・エドワード島 第2日目―3

午後4時半過ぎにホテルに帰着。

bestwesternhotel.JPG

このホテルは、出発のときに聞いてたことと
違うことが2点あった。
一つ目は、歯ブラシ、歯磨き剤も完備となっていたが
石鹸やドライヤーなどは、あったけど歯ブラシと歯磨き剤は
なかった。
僕は、信じてもってこなかったので、買わなければならない。
妻は、ちゃっかり持参していた。畜生!
2つ目は、食事は付いてないということだったけど
朝食付きだった。
部屋は、広いし、ベットはセミダブルが2つ。
ゆったりできるので、快適そのもの。
これで、日本円で一泊6,000円ほどなので、安い!

ガイドさんとは、さよならして、買い物に街に出かけた。
地図を片手に、まずは、ウイスキーとビールを買おうと
探し回るが、なかなか、発見できない。
確かにこの通りにあるはずなんだけどと、思うのだけど
日本のように、派手な看板もないので、探すのに一苦労。
やっとにつけたと思って、入ってみるとジュースと果物だけ。
で、妻は、バナナとリンゴ、僕はドーナツを買った。

時間は、過ぎていく。
何しろ、この街、シャーロットタウンは、
お店が6時に閉まってしまうとのこと。
閉店間際にやっと酒屋さん発見!
化粧品でも売ってるお店のような雰囲気だ。
で、念願の缶ビールとウイスキーを買う。
お昼に食べて、ロブスターが、めちゃ美味しかったので
ガイドさんから聞いたお店で買おうと探すけど
これがまた、わからない。

日本の感覚では、お店探しが大変なのだ。
看板がないのだ。そのお店に行き着かなければわからない。
目印は、お店の前にタルをおいていて、その上に
さかさまに長靴が置いてるとうのだ。
地図を頼りに、街を歩いていたら、
えらくは派手な、変な車がやって来た。
幌付のバスのような感じだけど…・・
中には、子供達が乗っていて、楽しそうにはしゃいでいる。
「ななんだ、この車、シャーロットタウンの保育園車か?」
と妻と不思議がっていた。

amhibiouscar1.JPG

後で、わかったんだけど、この車、水陸両用車だった。
馬車にもであった。
騎手は、綺麗な女性!

coach1.JPG

coach2.JPG

よく見ると、馬が後ろに黒い袋を下げている。
日本では、お目にかかったことがないけど、これって糞袋!
道路に糞を落とさないように、配慮されている。
「う~~ん、感心、感心!」
この街には、たくさん大きな教会がある。
この教会は、石作りの教会だ。
なぜ、そんなことで感心するかというと
プリンス。・エドワード島に来て、初めて知ったのだけど
前にも書いたけど、この島には『石』がないのだ。
石の無い島なのだ。
だから、石造りの家は、ほとんど無い!
カナダ本土から運ばなければならないので
石造りの家は、高価なのだ。

s-chach1.JPG

ところで、街で迷っていると、通りかかった人が声をかけてくれた。
ロブスターの店を探してるというと、地図を見せろというので
差し出すと、英語の地図は持ってないのかと言う。
僕らの持っている地図は、旅行社から貰った日本語地図なのだ。
でも、地名は、発音すれば通じる。
で、何とか意思疎通できて、出かけて行った。
「たしかにこのあたりに間違いないんだけど…」といいがら
二人で探すけど、見つからない。
で、そのうち、僕はトイレに行きたくなった。
が、公衆トイレなんて無い!
仕方なく、ホテルに帰ることにした。

妻は、「歯ブラシなんか、私が買ってあげるから」というので
一人でホテルに引き返した。
で、ホテルでビールを飲みながら、テレビを見ていた。
1時間以上もたって、やっと妻が帰ってきた。
道に迷ったというのである。

雑貨屋さんが見つからず、探し回ったとのことである。
それらしい店を見つけて、そ~~とドアを開けたら
店内では、丸テーブルを囲んで14~15人の人が
ミーティングをしてるみたいで、妻が覗くと一斉にみんなの
視線が妻に集まり、「カムイン!」と大歓迎!
で、妻は仕方なく、入って「歯ブラシありますか?」と聞いた。
すると、彼らは、全員唖然!
さっきの歓迎ムードは一瞬にして、沈黙が支配した。
で、妻もあわてて「すいません」と退散したとのこと。

gemestore.JPG
                (翌日撮影した、例の大笑いの店)

「きっと、そのあと、今のは、なんなんだ!と
彼らは大笑いしてると思うよ」と僕も大笑い。

それでも、やっとコンビニを見つけて、
歯ブラシを買ったけど、今度は、帰り道がわからなくなって
歩けども、歩けども、ホテルはなし!
幸い犬と散歩をしているご夫人に合い、道を尋ねたら
親切にも、ホテルが見えるところまで、送ってくれたという。
まあ、本当にご苦労様でした。

おかげで、途中ピザを買って、
温めてもらったけど冷えてしまったと妻は、嘆いていた。
そんな訳で、妻の珍談に大笑いしながら、ベットに入った。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感