So-net無料ブログ作成

プリンス・エドワード島の旅ー9 [旅]

プリンス・エドワード島 第7~9日(現地6月28日~30日)

8時半、ホテルを出発。今日は日曜日だ。
で、今日は、教会観光とした。
まず2号線でMiscoucheに向かう。
島の景色を楽しんで走っていたら

IMG_0090.JPG

IMG_0091.JPG

サマーサイトでフリーマーケットを発見。
ちょこっと覗いてみた。

IMG_0097.JPG

入り口近くで、小学生ぐらいの姉妹がサンダルを売っていた。

IMG_0095.JPG

売り手も買い手ものんびり、楽しそうである。
商品は、ほとんどが手作りの自家製商品だ。

IMG_0098.JPG

しばらく僕らも楽しんでから、出発、で12号線に入り、
珍しく塔が二つでかつゲートのある教会を見つけた。

IMG_1196.JPG

IMG_1198.JPG

123号線で岬を回る。小さな白い教会がぽつんと建っていた。

IMG_0103.JPG

そこからグランド・リバーへ向かう。
プリンス・エドワード島の川は、みんな何故か大きい!
グランド・リバーには、鳥が群れていた。

IMG_0108.JPG

橋の袂に教会でもなく、灯台でもないオモシロイ建物を発見!

IMG_0114.JPG

さらに進んで小さな橋を渡ると丘の上に

IMG_0121.JPG

セント・パトリック・カトリック教会がある。
で、記念撮影!

IMG_0133.JPG

IMG_0131.JPG

IMG_0138.JPG

そこから、引き返してケンジントンから20号線を北上。
104号線に入り、インディアン・リバーへ向かう。
途中、手作りの人形などを庭に並べている家を見つけた。

IMG_0143.JPG

IMG_0146.JPG

これって、売ってるのだろうか、それとも、見せてるだけ?
廃家が畑の中にぽつんと雑草に囲まれて建っていた。
僕はこういう風景が大好きなのでカメラに納めた。

IMG_0149.JPG

目指す教会、セント・メリー・教会に到着!

IMG_0155.JPG

IMG_0163.JPG

大きな教会で、なにか行事があるらしくテントが張ってあった。
インディアン・リバーだからかわからないが、テントまで
なんかインディアンのテントみたいである。
しかし、そこでなにか準備をしている人は、
インディアンではなく、金髪の女性だった。

IMG_0174.JPG

木造では、この島一番の大きさを誇る教会だそうだ。
中に入ってみた。

IMG_0167.JPG

教会から、更に北上。

IMG_0176.JPG

IMG_0177.JPG

Malpequeで20号線に入るところでも教会があった。
日曜日のミサを終えた人たちが集っていた。

IMG_0180.JPG

Darnleyでは、木の橋を渡ったところに、

IMG_0188.JPG

小さな家がありOn saleだった。

IMG_0189.JPG

綺麗な海岸沿いを走り、

IMG_0193.JPG

この家が見えてくると

IMG_0198.JPG

そこは、「Lake Of Shining Waters」
赤毛のアンが「輝く湖水」と名づけたという所。
確かに輝いていた。

IMG_0206.JPG

お昼は、ブルーウインズさんでと道を急ぐ。

ブルーウインズでは、
僕らの食事をなんと、父親と来店していた小学生の
ベンジャミン君が運んでくれた。
びっくりしてたずねると、元お隣さんだったと言う。
妻は、ブルーウインズさんで買った料理の本に

ryouri.jpg

記念にベンジャミン君にサインしてもらった。

IMG_1228.JPG

benjamin.jpg

今日は、オーナーご夫妻とゆっくりお話が出来て楽しい一時を
過ごすことができた。
異国で心置きなく日本語で話ができるのは、本当に心が和む。
帰りは6号線から224号線へ。
New Glasgowで昨日ユリさんに教えてもらったB&Bを訪ねる。
ハンター・リバーの河畔の丘の上にあった。

IMG_0224.JPG

庭からの眺めがあまりに良い景色なので、
妻はスケッチをしたいと言うのでオーナーさんにお願いした。

IMG_0218.JPG

IMG_0227.JPG

気持ちよく承諾してくれただけでなく、
ついでにお部屋とダイニングを見せてくれた。

IMG_0229.JPG

二階の寝室の窓からの眺めは、素晴らしい!
秋に来るときに泊れたらと思って、名刺まで頂いた。

bb.jpg

NHKの英会話番組のためロケで松坂慶子さん母娘と
松本侑子さんがここに泊ったとオーナーさんが話してくれた。

スケッチがすんだ後は、シャーロットタウンへ。
レンタカーを返しに行く。
ところが、5時に返す予定なのに、
事務所は、鍵がかかっていて閉店。
「エエーッ!どういうこと?!」
階段横のドアの近くに何か小さな張り紙がある。
読んでみると、契約時に渡した書類の一枚をシートに置いて
車をロックし、鍵は、このボックスに入れるように書いてある。
もしも、車に傷をつけていたら、その分は追加支払となる旨まで
記されていた。
それで初めて、支払はクレジットカードでなければ駄目だと
言われた理由が理解できた。

IMG_1244.JPG

今は、夏時間で営業時間は午前8時から午後4時なのだ。
カナダでは、残業などする人いないと聞いていたが、本当らしい。
車を返してからは、二人で街を散策。
夕食は、ムール貝の料理を食べた。
これがまた、すごく美味しい!!!

IMG_1256.JPG

で、調子に乗ってワインのボトルを一人で空っぽにした。
ワインも、なかなかのものだった。

IMG_1260.JPG

ほろ酔い気分でホテルに帰り、帰り支度。

翌日29日午前9時シャーロットタウン発の飛行機に乗り、
6月30日午後関空に無事着いた。

旅の終わりに

今回の旅行のきっかけは、このシリーズの最初に記したが
なぜ、プリンス・エドワード島なのかは、書いてなかった。
プリンス・エドワード島といえば、大方の日本人は
「赤毛のアン」に魅せられて、多くの中高年女性のあこがれの
旅先の一つであるらしい。
彼女らが少女のころ「赤毛のアン」を読んで、
一度は行きたいと願う場所という方が多いように思う。
で、今度の旅も大方の人が妻の希望だと思っているようだ。

しかし、僕らは違うのだ。
プリンス・エドワード島を選んだのは僕である。
そして、僕が小説「赤毛のアン」を読んだのは
五十代になってからのことである。
アンが「世界で一番美しい場所」というこの島の景色に
魅せられて、一度は体験してみたいと思っていたからです。

妻も快く承諾してくれ、二人で出かけることにしたのである。
おかげで本当に楽しい旅となったし、妻との絆も一層深まった。
更に、美しい景色だけではなく、そこで出合った人たちとの
交流は、人生の大きな糧となるものばかりだった。

日本と言う国を出て、そこに生きる人たちの生き様に触れ
自分も一人の人間として成長させられたと感じている。

プリンス・エドワード島で出合った人たちにありがとうという
言葉を送りたい。
とりわけ、我が妻に心から感謝の気持ちで一杯である。
40年間、二人で歩き続けた僕らの人生の途上に、
また一つ赤い花が咲いたのだ。

                      おわり!


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プリンス・エドワード島の旅―8 [旅]

2009年9月10日

プリンス・エドワード島 第6日目(現地6月27日)

今日は、PEIの南西部をドライブする予定である。
現地の地図に記されているScenic Heritage Roadを走って
見ようと言うことになった。
えらちゃんは、別行動で、朝一にファーマーズマーケットに
まず行く予定だというので、通り道でもあるので送ってあげる
ことにした。
ファーマーズマーケットは、シャーロットタウンの郊外にある。
で、ついでに僕らも、覗いてみた。
多くの人でにぎわっていた。

IMG_0013.JPG

IMG_0003.JPG

IMG_0006.JPG

妻も釣られて、えらちゃんとお買い物!

IMG_0010.JPG

僕は、アイスクリームをほおばった。
ギターを抱えてきた人が、入り口で歌いだした。
妻の買い物を待っている間、ベンチで歌を聴いていた。

Hunter Riverから13号に入る予定が通り越してしまい、
Frederictonから264号線へGlen Valley

IMG_0015.JPG

IMG_0016.JPG

IMG_0017.JPG

IMG_0025.JPG

途中、スクールバスが止まっていて、カナダの国旗が翻っている
ハウスを発見した。

IMG_0027.JPG

IMG_0031.JPG

小学校のようなので、バスの方へ歩いていたら
かのハウスからご婦人が裸足で出てきて、どこから来たのか?という。
日本だ、といい、小学校なのかと聞くと、わたしの家だという。
でも、スクールバスがあるのは何故かというと、
ご主人がスクールバスのドライバーだということだった。

227号からScenic Heritage Roadを通り、Hertsvilleへ

IMG_1142.JPG

ところがまた、道を間違えて、気がつけば225号線でSprington!

IMG_1153.JPG

うろうろしていたら、デラックスな車に乗ったご婦人が
声をかけてくれて、Hertsvilleへの道を教えてもらった。

Hertsvilleからは、13号に入り、Kellys Crossで246号へ

IMG_1146.JPG

WestmorelandからScenic Heritage Road を通って237号へ

IMG_0037.JPG

ここで開けた道に出たところで、二人で土手に座ってランチタイム。

IMG_1152.JPG

それから237号から245号を経て247号でNew Havenへ

IMG_1148.JPG

IMG_1158.JPG

IMG_1143.JPG

IMG_1162.JPG

そこからDunedinに着いた。
大きな川Clyde River、ここで一休み、

IMG_0048.JPG

IMG_0056.JPG

IMG_0060.JPG

IMG_0062.JPG

IMG_0063.JPG


歩いていたらリスが道路を横断して行った。
あっという間のことでカメラには撮れなかった。
橋を渡ってLong Greekへ行こうと思ったが橋が工事で渡れない。
仕方なく引き返し、TransCanada Highwayを走った。
Victoriaで10号線に入り、Borden-Carletonに着いた。

ここには、カナダ本土とPEIを結ぶ
全長約13kmのコンフェデレーション大橋があるのだ。
橋の袂には、サービスエリアがあって、
街灯の連なる店舗が並んでいて、ここも多くの人でにぎわっていた。
で、僕らも、その一人になった。

IMG_0084.JPG

IMG_0066.JPG

車で約12分でわたれる。冬、凍結する海にかかる橋としては
世界最長の橋と言うことで渡ってみることにした。
本土に向かう時には、ゲートがあり、通行料を払わねばならない。
が、本土からは、ゲートはなく無料でPEIに入れるのだ。
つまり、本土から来た人は、お帰りには、料金を払いなさい
というわけだ。料金は、カナダドルで42ドル50セント!
日本円で約4,000円(片道でも、往復でも同じ料金)。

カナダ本土に入ると、そこにもサービスエリアがある。
で、僕らも立ち寄ることにした。

IMG_0080.JPG

海辺では、小さな兄妹が水遊び。仲良く楽しそうである。両親は
離れた場所で見守っている。

IMG_0078.JPG

僕らは、そこから橋の写真を撮る。なにしろPEI側からは
撮影できる場所が無いのだ。

IMG_0073.JPG

ポストはカナダでも赤い箱!!

IMG_0082.JPG

サービスエリアに中高年ライダーの一団がやって来た。
和気藹々と男女で仲の良い雰囲気で、旅を楽しんでいた。

IMG_0079.JPG

で、僕らは、再び橋を通って、PEIに戻った。

IMG_1168.JPG

IMG_1171.JPG

IMG_1172.JPG
                    (向こうにみえるのがPEI)

今夜は、7時からシャーロットタウンの
コンフェデレーションホールで「赤毛のアン」のミュージカルを
妻とえらちゃんが鑑賞することになっている。
で、帰りは、1号線から110号線でLower Freetownに出て
そこから8号線でSummerfieldで2号線に入って
ホテルのあるシャーロットタウンに帰ってきた。

ホテルの部屋に入るとメッセージランプがついていたので
電話するけど、どうしても連絡が取れない。
で、仕様書を読んで試みるけど駄目!
なんじゃいな、これ!
フロントに電話して、メッセージがないかと訪ねるけど「ナイ」という。
で、妻がフロントまで出かけて、念を押すけどない!
が、気になるので、
もう一度フロントに問い合わせると別の人が出て、メッセージが
あるという。
妻はプンプン怒って、メッセージを取りに行った。

ユリ・ヨシムラ・ガニオンさんからのメッセージだった。
ご存知の方も多いと思いますが、彼女は、今秋日本でも上映予定の
アンを探して」と言う映画のプロジューサーなのだ。
6時に僕らをホテルに訪ねてくる旨のメッセージだった。
彼女も今夜「赤毛のアン」のミュージカルに御招待されている
とのことで、その前に僕らを訪ねる予定なのだ。

が、6時を回っても、彼女の姿はないので、
きっと多忙なのだろうと思いホールに二人で出かけた。
ホールは、ホテルから歩いて、散歩気分で行ける距離である。
ところがこのホール、どこが入り口なのかわかりにくい。
あちこち、頭を突っ込みながら、探して南側の道路に出た。
そこは、道路に椅子とテーブルが並んでいて、みんなコーヒー等
飲みながら、くつろいでいた。
その道路側の地下鉄の入り口みたいな所がホールの入り口だった。

中に入るとチケット売り場や綺麗なテナントの店が並んでいる。

IMG_1176.JPG

が、えらちゃんもユリさんも姿なし!
僕らは、お店を見て回った。妻は熱心に品物を眺めているので
僕は、別の入り口を見つけたので、そちらに出てみると
そこでは、ミュージカル鑑賞者を"赤毛のアン"が出迎えていた。
こちらの入り口がメインなのだと初めてわかった。
で、みなさん、それぞれ、記念写真を撮っていた。

IMG_1177-2.JPG

開演間近になって、ユリさんご夫妻が到着。
予定が大きくずれてしまって、遅くなったらしい。
まずは、合えて一安心。
ユリさんのご主人、クロード・ガニオンさんは、映画監督で克脚本も書いておられる方で
日本でも有名な方だけど、お逢いして、非常に気さくな方だと思った。
僕は、初めてお逢いした。で、握手!
ユリさんからすごく景色のいいオーガニックファームのB&Bを
紹介してもらった。
明日行ってみることにした。
開始のベルでユリさんご夫妻と妻は、ホールに入っていった。

僕は、一人でコンフェデレーションホールを後にして
シャーロットタウンの散策に出かけた。

IMG_1186.JPG

町はまだ、日が差していて、家々では、テラスで
くつろいでいる姿がいたるところに見受けられた。
家族連れで海岸の公園に出かけている姿もなにかゆったりした
ものを感じる。
のんびり愛犬と散歩のご婦人もいる。
本当に穏やかに生活を楽しんでいるという気がする。
一人でぶらぶら歩いている僕もなんの違和感も感じないのだ。

1時間ほど散歩して、ホテルに帰り、ウイスキーを片手に
テレビを見ていたら10時過ぎに妻がご機嫌で帰ってきた。
えらちゃんとも会場で合えたと言う。
でも彼女は、お疲れで半分寝ていたらしい(笑!)
で、しっかりミュージカルを見れなくて、悔やんでいたとか。
まあ、今日も記念すべき日でした。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プリンス・エドワード島の旅―7 [旅]

2009年9月3日(木)

プリンス・エドワード島 第5日目(現地6月26日)

2日程前から腕にジンマシンが出来て、かゆい!
数年前、イギリスに行ったときも、ジンマシンがでて、苦労した。
ロブスターが原因か、はたまた、水が原因か、不明!

ホテルで朝食を食べに出かけたら、
同行の彼女、えらちゃんに出合った。
彼女は、ふたたび、このホテルに帰ってきていたのだ。
で、よかったら一緒にドライブ観光しないかと誘った。
勿論、費用負担はかけませんと伝えた。
部屋に帰り、出発の準備をしていたらルーム電話があり、
「お言葉に甘えて是非」という、えらちゃん。
で、三人で出かけることになった。

今日は、天気が良いので、
再びキャベンディッシュに向かうことにした。
えらちゃんは、そこに泊って観光したのでどうかと思ったが
彼女は、雨が降っていたので、もう一度行きたいという。

ユニバーサルストリートから、2号線へ
Miltonから224号線、wheatley riverで251号線、
Oysterbed bridgeから6号線を行く。
箱庭のような風景を眺めながら走っていると

IMG_9836.JPG

洗濯物を干してる家を発見。
洗濯物を干してる家を見ると写真を撮りたくなる悪い癖。

IMG_9839.JPG

途中、パン屋さんを発見、妻が寄りたいというので、入る。
大きな庭の奥にぽつんと家がある。それがパン屋さん。

IMG_9846.JPG

階段を上がって、中に入ると、二人のご夫人がパンを焼いていた。
テラスには、おとなしい犬。
妻と彼女が買い物をしてる間、犬の相手をしていた。
一人の夫人が、やって来たので「おとなしいかわいい犬ですね」と
いうと彼女曰く「うちの亭主と同じで役立たずです!」
恐れ入りました!

IMG_9841.JPG

道路を挟んで向かい側には、白いかわいい家。

IMG_9843.JPG

やがて、妻が袋を提げて、うれしそうに店から出てきた。
が、「おい!そんなにパンかってどうするんじゃい」と悪い予感。

IMG_9848.JPG

まあ、三人でわいわい言いながら、走る。

IMG_0015.JPG

IMG_0016.JPG

IMG_9836.JPG

RusticoでNorth Rustico Harbourを一回り。

IMG_9850.JPG

IMG_9864.JPG

IMG_9855.JPG

Orby headの野外休憩で、お茶休憩。
目の前に広がる草原、といっても麦畑を眺めながら、
腰を下ろしてアップルパイを食べる。

IMG_9867.JPG

IMG_9868.JPG

IMG_9873.JPG

眺めのいい海岸沿いの道をルンルン気分で走り、
キャベンディッシュ郵便局に到着!

IMG_9875.JPG

郵便局のお隣さんは白い教会。

IMG_9878.JPG

お向いさんは、レイチェル夫人の家を模したレストラン。

IMG_9880.JPG

ここで妻は切手を買い、はがきを出す。
郵便局の裏庭で、一休み、写真の中にいるのは妻とえらちゃん。

IMG_9892.JPG

ついでにビジターセンターも覗いて、グリーンゲイブルズへ
見て!見て!
やはり晴れ渡った日のグリーンゲイブルズが一番良い!
最初来た日は、どんより雲っていたので、晴れた日にもう一度と
思っていたが、それが実現したのだ!

IMG_9903.JPG

IMG_9905.JPG

恋人たちの道も今日は、明るい日差しの中だ!

IMG_9914.JPG

マシューの作業小屋のある広場も光り輝いて見える。

IMG_9918.JPG

IMG_9919.JPG

てなわけで、3人とも大喜びでした。
グリーンゲイブルズの後は、New Londonを通って

IMG_9922.JPG

IMG_9923.JPG

IMG_9925.JPG

IMG_9932.JPG



フレンチ・リバーへ。
ここも晴天の風景を撮りたくて、やって来た。
プリンス・エドワード島を代表する素晴らしい風景といわれている。
で、パークに車を止めて、フレンチ・リバーを楽しむ。

IMG_9942.JPG

IMG_9933.JPG

IMG_9938.JPG

IMG_9934.JPG

IMG_9935.JPG


妻とえらちゃんは、道路の反対側のルピナスの丘にも、
惹かれている。
丘の上の変わった建物は、
目立ちたがり屋のアメリカ人の別荘だとか。
目立ちたがり屋とは、僕が勝手に言ってるんだけど
この家、道に迷ったときに、目印になるんだ。
おかげで、あとで助けられた。

IMG_9940.JPG

フレンチ・リバーを堪能した後は、
このフレンチ・リバーの集落を通って、ケープ・トライオンの
灯台を目指した。
この灯台へ行くには、注意が必要と現地ツーリストがアドバイス
してくれた。
というのも、舗装道路ではなく、地道、それも狭い坂道を
走ることになり、運が悪いとぬかるんで、車が動けなくなるとか。
しかも、近くに人家もなく、助っ人は来ない!
で、観光客は、ほとんど行く人がいないという。
が、僕らは、それゆえ、わが意を得たりで、行くことにした。

赤い土ぼこりを上げて走っていると、灯台を発見!
しかし、これは目指す灯台ではない。

IMG_9946.JPG

山道に迷い込んだら、別荘に行きついた。
誰もいない。行き詰まりの場所。
やれやれと車を降りて、勝手に別荘で休憩。
ところが、妻が灯台が見えるという。
で、どこどこ?と三人で大騒ぎ。
確かに灯台らしき物がちらりと林の向こうに見える。
三人は、喜び勇んで出発。
灯台の見えた方向に走っていると、
突然、広大な赤土のジャガイモ畑が出現。

IMG_9956.JPG

その先の海に落ち込んだあたりに、灯台が見えた!
これぞ、ケープ・トライオンの灯台だ!
車の中では、大歓声!

IMG_9953.JPG

IMG_9947.JPG

えらちゃんも車を降りて、ばんざ~いだ!

IMG_9959.JPG

それにしても、素晴らしいところだ!
青い海、青い空には元気な雲、赤い道、白いかわいい灯台、
広大な赤い畑は、耕して天に至るのだ。
もうみんな大満足!
こここそ僕が一番訪問したいと思っていた場所なのだ!

IMG_9961.JPG

IMG_9966.JPG

IMG_9968.JPG

IMG_9965.JPG

IMG_9972.JPG

ケープ・トライオンを堪能した後は、再び、フレンチ。・リバーを
通ってロング・リバーへ
ここでも、広い河原の草原で一休み。

IMG_9975.JPG

で、その後は、ニューロンドンへ引き返し、日本人が経営する
レストラン"Blue Winds"で遅い昼食をする予定。
ところが、道に迷ってしまった。
で、高台に上って眺めると、はるか彼方に
見えるではないか、かの目立ちたがり屋の別荘!
それで、自分達のいる場所がわかり、無事、ニューロンドンに
辿り着くことができた。

えらちゃんも、この「ブルーウインズ」にこれて、大喜び!
玄関口で記念写真!

IMG_9985.JPG

IMG_9980.JPG

店内に入るなり、オーナーさん(神川さん)に
「"Blue Winds"さんのブログのコメントに書いた通りに
やって来ました。」と伝えると大歓迎された。
で、ご自慢の料理を注文!

IMG_9989.JPG

IMG_9991.JPG

IMG_1224.JPG

2時間以上も神川さんご夫妻を交えて、楽しい歓談。
日本語で話せるので日本にいるような気分だった。
神川さん、ありがとう!

午後4時半、帰路に着く。
帰りは、スタンレーブリッジからニューグラスコーを経て
ハンターリバーをとおり、ホテルに帰る。
えらちゃんとは、ホテルの玄関でお別れした。
部屋に帰り、シャワー、洗たく、そして夕食
悪い予感があたって、夕食はパン屋さんの作品!
調子に乗って買いすぎたのだ!
でも、お酒はうまい!
今日は、最高に楽しい一日でした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プリンス・エドワード島の旅―6 [旅]

2009年9月2日(水)

プリンス・エドワード島 第4日目-2(現地6月25日)

灯台のある岬からノーザンバーランド海峡の眺めは、
青い海、赤い海岸、バターカップの群生。しばし、見とれる!

IMG_9725.JPG

IMG_9728.JPG

IMG_9729.JPG

ポイント・プリムから、引き返し、東に向かう。
半島の横道を何度も侵入?
この路の先には、何があるんだろう?と
海だとわかっているけど行って見たくなる。
でも、これらの道は、プライベート道路が多いのだ。

IMG_9734.JPG

これもそのような路に作られた外灯兼小鳥の小屋。

IMG_1104.JPG

素朴でかわいいので妻にせがんで撮影してもらった。

半島の付け根辺りには、綺麗な川が流れていた。

IMG_9743.JPG

IMG_9746.JPG

次はウッズ・アイランズへ!
途中「道の駅」で休憩。
美味しいソフトクリームを、ここでもホウバル。
突然のようにウッド・アイランズの港が見えてきた。

IMG_9757.JPG

まず、目に入るのは岬の丘には灯台!

IMG_9789.JPG

で、ここで車を降りて散策。
沖にフェリーが見えてきた。

IMG_9762.JPG

ずんずん近づいて、岬の小さな灯台の横を通り、入港。
3時のフェリーだ。ラッキー!

IMG_9767.JPG

ここには、3つも灯台がある。
妻も大喜び!
堤防を歩いて、最初の灯台の風景を眺める。

IMG_9784.JPG

青い海、青い空、その中に赤い崖、赤い屋根の灯台。
絶景かなである。
これぞプリンス・エドワード島の風景だ!

IMG_9787.JPG

IMG_9785.JPG

岬の丘には、赤い花、ハマナスが咲いていた。

IMG_9788.JPG

灯台の電柱は、なんともシンプルである。

IMG_9790.JPG

ウッド・アイランズから、更に東へ向かう。
良い景色があると車を止めて、しばし、眺める。

IMG_9798.JPG

IMG_9799.JPG

IMG_9802.JPG

辿り着いたのは、ケープ・ビアの灯台。
ここでは、一階に売店があり、ソフトクリームを売っていた。
近くのご婦人が、内職的にやっているそうだ。

IMG_9808.JPG

IMG_9810.JPG

で、次はパーミュラー・アイランドを目指して、スタコラサッサ!
ところが、スタコラサッサは、思わぬ出来事に遭遇した。
直角に近い一本道のカーブに来て、ふと、変な気分になった。
なんか、前に来たような気がする。
あたりを見回してみたら、あのへんてこな電線がある。
で、確信した。これは、一度走った道だ!

IMG_1145.JPG

そこで、バックしようとルームミラーを見たら
何故か、叔父さんの顔がある。
バックすると、それがどんどん大きくなった。
「ギョ!」
さっき、カーブを回ったときには、人影など無かったのに!
驚いて、車を止めて、良く見ると、カーブの向こうに人がいる。
しかも、愛想よく微笑んでいるのだ。
道路から一段と低い畑で、台の上に立って、僕らを見ていたのだ。
で、妻が下りて、道を聞きに行った。
ところが、これがなかなか帰ってこない!
大あくびしてたら、やっと帰ってきた。
その親切な人のおかげで、無事、マリーリバーにいくことができた。
妻が「サンキュウ!」と言ったら「どういたしまして」と
日本語が帰ってきたというので、二人で大笑い!
さっきとおった車が又来たというので待ち受けていたようである。
なんとも親切な人だ。

マリーリバーでまた、道に迷った。
今度は、案内所の標識を見つけて、行くと、ガソリンスタンドだ。
で、パミュラー・アイランドへの道を教えてもらう。
途中に、おとぎの国のような村も発見。
ご婦人が芝刈りをしていた。
ここでも洗濯物が干してあって、何故かカメラに納めたくなった。

IMG_9812.JPG

IMG_9813.JPG

IMG_9814.JPG

パミュラー。アイランドは、島というけど、
一応道路で繋がっている。
人家も少ない島である。

IMG_9823.JPG

牧場では、馬が草を食んでいた。

IMG_9826.JPG

灯台は、フェンスで囲まれていて、すでに閉まっていた。

IMG_9825.JPG

島の先端の海岸は、赤い土に囲まれたように静かに広がっていた。

IMG_9828.JPG

これで本日の観光は、予定どうりに終わり、帰路に着いた。
午後8時過ぎ、ホテルに帰着。
近くのコンビニで買い込んだ食糧で、ウイスキーを片手に夕食!
楽しく、素敵な一日でした。

(現地6月26日に続く)


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感