So-net無料ブログ作成

年頭の祈り [生き方]

2011年1月6日(木)

マイケルジャクソンは、この世を去ってしまった。
でも、いまさらと言わないで欲しい。
僕は彼の生前には、ほとんど縁が無かった。
理由はわからないが、なぜか僕の興味の対象外にいた。

ところが最近、まるで彼が生きが返ったように、僕に呼びかけるのだ。
夢の中まで・・・・・
どうしたんだろう?
不思議な現実!
彼の歌が寝てもさめても頭の中に鳴り響く!

michael Jackson.jpg

で、僕も今年の年頭にあたり、祈る!
地球という星とそのすべての子供たちに愛と希望を!
あとは、以下の曲を聴いてください!
説明は不要だと思います。

Earth Song

Heal the world

We are The world

いまさらじゃなくてなんだと思う! 
そう思いませんか?

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

涙は悲しい時だけではない-2 [音楽]

2011年1月5日(木)

ある日、突然のように妻が「The Rose」という歌が聴きたいというので
CDを買おうとしたが、見つからなかった。
この歌は、女性ロックシンガー、ジャニス・ジョップリンの生涯を描いた映画の中で
主演しているBette Midler (ベット・ミドラー)が歌った歌だそうです。
すると、同じ題名の映画のDVDがあることがわかり買った。
ベット・ミドラーは、見事にジャニス・ジョップリンを演じていた。

Bette Midler.jpg

が、歌の「The Rose」は、映画の中というより、映画が終わり、最後の字幕が
流れる中で、初めて歌われる曲だった。
聴いてみると、なるほど、印象に残るいい曲だと思った。
ところが、最近偶然字幕に英語と日本語の対訳のついた動画をネットで
見つけたので、聴いてみた。
いろんな人が歌っているが、僕はベット・ミドラーの歌が好きだ。
映画の影響もあったのかもしれないが、
聴いていて、こみ上げてくるものがあって、思わず涙した。
愛を歌った曲であるが、考えさせられる歌詞である。
「死ぬことを恐れている魂 それでは生きることの意味を学べない」という。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感