So-net無料ブログ作成

北の国を行く-3 [旅]

第3日目 2011年10月19日(水)

朝6時前、然別湖は、素晴らしい朝焼け!だった。
9時前、ホテルを出発、
今日は一番長距離を走る日である。

糠平湖への道は閉ざされているので、いったん南下して遠回りで、
まずは層雲峡を目指す。

道は、紅葉で大歓迎してくれている。

IMG_1617.JPG


273号線(東大雪の道)を糠平湖の西岸を北上する。
と、旧国鉄の士幌線の橋梁が眼下に見えた。

IMG_1627.JPG


IMG_1630.JPG

昭和の初めごろは、今のような道も無く、このような橋梁を
造るのは、大変な苦労だったろうと思う。
更に行くと三の沢橋梁である。
ここで休憩。

IMG_1639.JPG

橋を渡ってみる。
糠平湖の湖面は、大波が押し寄せていた。
琵琶湖でも、こんな大きな波は、台風のとき以外は珍しいのにと思う。

で、よくよく眺めていたら、湖面の上は、強烈な風が吹いているようである。
僕らのいるところには、それほど風は吹いていないのであるが・・・・。

タウシュベツ橋梁は、今は水面下に沈んでいるので見ることが出来なかった。

ま、とにかく、延々と続く白樺林のある道を寄り道しながら走った。

IMG_1651.JPG

IMG_1654.JPG

IMG_1659.JPG

やがて、三国峠に到着。
小さな売店兼喫茶店が一軒あった。
が、中に入ると観光客ですし詰め!
何しろ店舗が狭すぎるのだ。20人も入れば、身動き取れないくらいである。
コーヒーどころではない。

しかし、一応記念に写真をと思うのであるが、これが困ったことに
三国峠の看板の傍に老人が1人立っていて、動こうとしないのだ。
記念写真でも撮ってるのかと思ったが違うのだ。
誰も彼にカメラを向けてないのである。
彼は、いつまでも、ジッと立ってるんで、仕方なく写真を撮ったが・・・・

IMG_1661.JPG

「いったいなんなんだ!」といいたい!

トンネルを抜けて下っていくと、行く手に白銀の峰が見えてきた。

IMG_1670.JPG

「ゲッ!あれって旭岳じゃない?
明日、姿見の池ハイキングに行く予定なのに!」
もう、びっくりである。

やがて、大函に到着。

IMG_1688.JPG

しばし散策して層雲峡温泉へ向かう。

層雲峡温泉の無料駐車場に車を止めて、外へ出る。
ところが、なんとも強烈な風が吹き荒れているのだ!
商店街に行くのも一苦労である。

IMG_1693.JPG


口に手を当てていないと、息も出来ない!
やっと、食堂に入って、ホッとした。

で、やはり北海道なので旭川ラーメンとラーメン定食を注文した。
食事の後は、歩いて散策したが、これがまた大変である。

まっすぐ立って歩けないくらいの風なのだ。
めげずに川向の公園を散策して引き返してきた。

IMG_1697.JPG

IMG_1711.JPG

先を帰る妻の後姿を見ていたら、斜めに歩いている。
その姿がなんとも可笑しい!

IMG_1714.JPG

両手は鼻に当てて歩くので、一層変な歩き方である。

IMG_1715.JPG

IMG_1716.JPG

ついに駐車場に入り口の壁にへばりついてしまった。

IMG_1718.JPG


北海道って、風の強いところなんだと思った。
黒岳へのロープウエイも風でお休みである。

何しろ、ここで出会ったのは、4人グループの中高年婦人一組だけなのだ。
観光客もバッタリ途絶えたような層雲峡温泉でした。
でも、僕らは不満ではない。
きれいな紅葉が迎えてくれたので、大喜びである。

後は、美瑛の白金温泉パークヒルズを目指して、ひた走りである。
道々では、目を見張るような紅葉が歓迎してくれた。

IMG_1720.JPG


IMG_1722.JPG

IMG_1727.JPG

IMG_1728.JPG

IMG_1729.JPG

IMG_1730.JPG

IMG_1732.JPG

IMG_1733.JPG

IMG_1737.JPG

IMG_1747.JPG


IMG_1749.JPG

当麻、道の駅で休憩を取る。
このころから、唇がひりひりしてかさかさになる。
で、オーストリッチオイルを塗る。
妙なことに、このオイルが必要になったのだ。
もう、ラーメンは食べないことにした。
どうも、あのラーメンが僕には合わなかったようである。
妻はなんとも無いという。
道の駅のソフトクリームがめちゃ美味しかった。
旭川を突き抜けて、美瑛に入る。

再び白銀の峰が見えてきた。
三国峠の下で眺めた白銀の峰の西側に来たのである。

IMG_1759.JPG

日が傾き始めていて、景色が夕日で赤く輝き始めた。

IMG_1769.JPG

IMG_1774.JPG

IMG_1777.JPG

やがて、林が燃え立つような赤みを帯びてきた。
幻想的な世界である。

IMG_1779.JPG

IMG_1784.JPG

IMG_1793.JPG

でも、畑では農家の人たちが収穫に忙しそうに働いている。

IMG_1797.JPG

夕日に映える畑で働くトラクターを、妻はかわいいといって
何枚も写真に撮る。

IMG_1786.JPG

トラクターを見かけると、「トラちゃんいる」と大喜びで撮影である。
が、車は急に止まれないのだ!
停めて欲しかったら、もっと早くに言えと言うのだが駄目!

結局、バックしなければならない羽目に何度も遭遇した。
「もうちょっとバックして!」
「ああ、バックしすぎ、少し前に出して」
とかカメラを窓から突き出して、いちいち命令するのだ。
「そんなに言うのなら、降りて撮影したら」というと
「めんどくさい」の一言。

フト気がつくと、すぐ後ろでトラックが止まっている。
関西だったら、「ばかやろう、何してるんだ!」と怒鳴られるところだ。
が、北海道の方は辛抱強いのか、何も言わずに待ってくれているのだ。
感謝である。

やがて、正面に美瑛富士、美瑛岳が見えてきた。

IMG_1807.JPG


IMG_1809.JPG

IMG_1812.JPG

白金温泉を通り越して、十勝岳望岳台に向かう。
もう日は傾き、山肌を赤く染め始めていた。

IMG_1827.JPG

IMG_1829.JPG

十勝岳が赤く染まって見える。

IMG_1814.JPG

IMG_1830.JPG

望岳台を散策していたら、空を真っ赤に染めて、太陽が沈み始めた。
綺麗で荘厳な落日である。

IMG_1834.JPG

IMG_1836.JPG

IMG_1845.JPG

しばし、われを忘れて立ちすくんだ。

日が沈んでしまって、真っ暗になった道を引き返し、ホテルに到着!
長い一日が暮れた。

 


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北の国を行く-2 [旅]

第2日目 2011年10月18日(火)

部屋のカーテンを開けると、然別湖が目に飛び込んできた。
なんと、この部屋は、湖に突き出すように思える部屋なのだ。
対岸の山の向こうから朝日が昇り始めていた。

IMG_1322.JPG

やがて、湖面にも日が差し始めた。

IMG_1328.JPG

窓の外には、白い小さな虫のようなものが飛んでいた。

大きなガラス張りのレストランで朝食を済ませて、
早速、遊覧船に乗ることにして、船着場に出かけようと
ホテルの外に出ると、強風にあおられた。

IMG_1329.JPG


IMG_1330.JPG

白い虫のように見えたのは、なんと雪なのだ!
雪が舞っているのだ!

船着場に行くと、船は強風で危険なので出せないという。
で、あきらめて、阿寒湖を目指すことにした。

ところが、出かけようとしたら、
糠平へは道が欠損していて通行禁止だという。
糠平経由が阿寒湖には近いのであるが、これもあきらめて
南下して274号経由で行くことにした。

昨夜通った道を一部引き返すことになるのだが・・・・
時間にして30分ほど余計にかかることになった。
夕べは、暗くて気づかなかったが、
えらく高いところに然別湖はあるのだ。

扇が原展望台というのがあった。
ここからは、十勝平野が一望だという。で、一服!

IMG_1337.JPG

274号線のまっすぐな道を走りぬけ、一路、オンネトーを目指した。

沿道は、紅葉も終わりを迎えて、カラフルな風景が続く。
時折、車を止めて、広い大地の風景に浸る。

IMG_1350.JPG

IMG_1363.JPG

驚いたことに、ひまわり畑を見つけた。
ひまわりの花が満開なのだ。
この季節に花を咲かせるひまわりがあるらしい。
びっくりした!

IMG_1365.JPG


IMG_1367.JPG

すごく印象的なのは、冬枯れの木が立ち並ぶ山の峰である。
毛の薄くなった老人の頭みたいなのだ。

IMG_1572.JPG

畑には、幌のようなものをかぶせた物が立っている。
僕らには、それがなんだか分からないが、
妻は「ホウカムリ」と名づけた。
そういわれてみれば、そのようにも見えるから可笑しい!

IMG_1369.JPG

「道の駅ステラ・ほんべつ」で休憩。

IMG_1372.JPG


IMG_1370.JPG

そこで妻は、小さなビンに入ったオーストリッチオイルを買った。
で、店員に「これはどこにつけてもいいの?」と聞く。
「ええ、どこでも大丈夫ですよ」と店員
「じゃあ、頭につけても大丈夫?」と妻
「勿論です。」
僕はその会話を聞き、
すぐに、あの毛の薄くなった山が浮かんで笑えてきた。
妻も同じことを考えたのだと思う。
その駄洒落は、店員は知るよしもないと思うのだが・・・・
更に、そのオイルが翌日僕に必要になることも、
そのときは、思いもしなかったのだ。

241号線に入る。
紅葉の景色も続く。

IMG_1385.JPG

IMG_1389.JPG

IMG_1393.JPG

IMG_1397.JPG

二人でわいわい騒ぎながらも、法定速度を少し超えた速さで走る。
宿を出るとき、スピードには気をつけろといわれた。
なんでも、阿寒湖への途中は、良く取締りがされているとか。
しかし、法定速度で走るのは、なかなか忍耐が要る。

スピード感が京都とは、どうも違うのだ。
あたりが広々としているからだろうが、20キロほど感覚の差がある。
つまり、京都で走る感覚の時速60キロが
ここでは80キロと同じように思えるのだ。

時々、いい加減な案内をするカーナビと折り合いをつけながら、
オンネトーに到着。

きれいな湖である。

IMG_1406.JPG

ふと見ると妻が座り込んで双眼鏡を覗いてた。
が、その姿がお猿さんみたいで、なんとも可笑しいので写真に納めた。

IMG_1405.JPG

シーズンオフで観光客も少なく、天気は上々!
ゆっくりと湖畔の道を走り、きれいなオンネトーを満喫した。

IMG_1408.JPG

IMG_1413.JPG

IMG_1415.JPG


IMG_1420.JPG

IMG_1440.JPG


IMG_1445.JPG


オンネトーに別れを告げて、次は阿寒湖!
ここは、風も無く、遊覧船に乗ることが出来た。

IMG_1449.JPG

でも、乗客は僕らだけではないかと、少し心配だった。
なにしろ、観光客らしき人の姿が無い!
出発のときがきたら、少し客がやって来た。
結果20人ほど。
ちょうとホッとしたよ。
なにも僕らが心配することは無いと思うのだが・・・

船上から眺める阿寒湖の景色も素晴らしい!!

IMG_1453.JPG

IMG_1454.JPG

IMG_1455.JPG

IMG_1456.JPG


IMG_1478.JPG

IMG_1480.JPG

IMG_1483.JPG


IMG_1507.JPG


IMG_1512.JPG


IMG_1514.JPG


IMG_1520.JPG

IMG_1534.JPG

IMG_1539.JPG

IMG_1541.JPG


阿寒湖の景色を楽しんだ後は、再び然別湖の宿を目指して、帰途に着く。
あの毛の薄くなった山を眺め、
緑の畑と燃え上がる紅葉の山々を楽しみ

IMG_1584.JPG

収穫で忙しく働く農家の人たちにあいさつをし、気分は上々!

IMG_1587.JPG

ところがフト気がつくと道が違う!
どんどん森の中に入って行き、道も狭くなる。
人家も無ければ、人気も無い!
深い森である。
あたりに夕暮れが迫っていた。

清水谷と書いた小さな道しるべがあったので、地図で確認。
予感が当たって、糠平湖に向かっているのだ。
それでは帰れない。

で、273号線に出たところで、左に曲がる。
「このカーナビの奴!」とうなっていたら
「長時間運転してます。少し休憩を取られたらいかがですか?」と
カーナビが言うのだ。
「こいつ、時には、しおらしい事を言うじゃん!」と僕。
やっと、朝走った道に戻る。

やがて、大地に日が落ち、山火事のような夕焼けを眺める。
北の大地の夕焼けは、スケールが大きいように思えた。

IMG_1590.JPG


IMG_1592.JPG

IMG_1602.JPG

やがて、日が暮れて、暗い空の遥か向こうに黒々とした山が
かすかに見える。
「きっとあの山の中に然別湖があると思う」と妻。
人家も無くなり、真っ暗な道を走り始めた。

カーナビが「右です」という。
が、道は左にしかない。
仕方なく左に曲がり、走る。
「山が後ろになった」と妻が言う。
で、途中でUターン。
すると、カーナビもまともな案内をはじめた。

灯りひとつも無い真っ暗な道、行き交う車も無い!
突然妻が叫ぶ。
「狸がいる!」
急ブレーキをかけて車を止めるが、逃げてしまった。
その狸の後姿を、僕はチラッと見ただけで終わった。
狸がいたのは、道路の左側だったので、妻には良く見えたらしい。

「悔しいなあ」といいながら走っていたら
道路の右側の側溝から首から上を出したキタキツネがいた。

ジッと僕らを見ている。
また、急ブレーキをかけて、「カメラ」と叫びながら写真に撮ろうとした。
ところが、ところがである。
悔しいことに、こんなときに限って対向車が来た!
で、それに驚いて、キツネは、僕らの後方に走って消えた。

「何で、こんなときに限って!」と悔しくて仕方がない。

ホテルに帰ると、迎えてくれたのは、ものすごい強風!
車が左右に揺れるのだ!
こんなの初めて!

でも、生ビールで乾杯し、美味しい夕食の後は
露天風呂を独り占めで、くつろいだ。
ホッコリいい気分で床についた。


 


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北の国を行く-1 [旅]

第1日目 2011年10月17日(月)

北海道旅行出発の日
朝、6時30分、MK乗り合いタクシーが自宅まで迎えに来た。
で、伊丹空港で搭乗手続きをする。
8時50分発新千歳空港行きのJAL便。
座席が決まってなかったので、窓口で決める。

僕の手荷物が機内持ち込みぎりぎりだったので、
「今日は、満席なので預けた方がいい」といわれた。
きれいなバックなので、預けるときにビニールで包むように伝えるよう
アドバイスをいただいた。
長い列に並んで、やっと荷物預かり窓口に到着。

ところが、係の女性が、パソコンを見ながらなかなかOKが出ない。
やがて、別の人になにやら相談。
どうしたの?と不思議顔で待っていたら、彼女が手招きして僕に
座席表の一覧を示して、
「あなたの席は、二つの高校の修学旅行生にはさまれた真ん中です。
プラス1,000円の普通席が二つありますので、変更されたらいかがでしょうか?
追加料金はいただきませんので、お勧めします。」と言うのだ。
追加料金なしで、いい席に替われるのなら、ありがたいことなので、勿論OK。
なんと親切な対応だろうと思った。
で、急にJALファンになったよ。
これまではANAファンで会員になっていたのだが・・・・・

搭乗ゲートの行ってみると、ものすごい騒音!
黒山の高校生の話し声が耳を聾するよ。
でもJALさんのご配慮のおかげで、静かな席で快適に北海道に着いた。
感謝です。

千歳空港からレンタカーで早速、帯広に向かって出発した。
6日間、走行距離1,246kmの旅の始まりである。

真っ赤に紅葉したナナカマドの並木道を抜けると
あたりは、全山紅葉の道。

もう二人で歓声を上げながら、その紅葉の中を走る。
北海道は、この時期もう紅葉は過ぎ、冬景色ではと心配していたが
僕らを待ってくれていたかのような、紅葉真っ盛りなのだ!

IMG_1246.JPG


IMG_1251.JPG


IMG_1252.JPG


IMG_1253.JPG


IMG_1254.JPG

IMG_1255.JPG

天気予報では、今日は雨ということで覚悟をしてたが、雨は僕らの
先を走っているらしく、路面はぬれているのに、雨はなし。

IMG_1264.JPG

十勝平野のはるかかなたに虹がでていた。

IMG_1259.JPG

今日の目標は紫竹ガーデン。

IMG_1270.JPG

数あるガーデンの中で、なぜ紫竹ガーデンかといえば
オーナー紫竹さんの生き方に妻が感動したためである。

IMG_1265.JPG

ご主人を亡くし、抜け殻のような生活を送っていたが
ある日これでは駄目だと庭つくり打ち込み、18,000坪のガーデンを
1人で作り上げた。
オーナーは、今84歳、
私たちを迎える姿は、元気そのもの。

sitiku.JPG

レストランでコーヒーを飲んでいたら、美味しいかぼちゃをご馳走してくれた。
ここにある木は、全部私が植えたものだと誇らしげに語っていた。
二人で紅葉の庭を散策。
今は、花より紅葉のガーデンである。

IMG_1268.JPG

IMG_1271.JPG

IMG_1276.JPG

IMG_1277.JPG

IMG_1278.JPG

IMG_1281.JPG

IMG_1284.JPG

IMG_1286.JPG

IMG_1292.JPG

IMG_1294.JPG

IMG_1299.JPG

IMG_1300.JPG

IMG_1303.JPG

IMG_1306.JPG

IMG_1310.JPG

IMG_1313.JPG

IMG_1314.JPG

IMG_1317.JPG

見学が終わると、一路然別湖畔の宿ホテル風水に向かって走る。
途中、すっかり日がくれて、カーナビだけが頼りなのだ。

が、このカーナビ、時々とんでもない案内をする。
「右です」なんていうけど、右はガードレールしかない!
右に曲がるにも曲がれないのだ!
「いい加減なこと言うな!」とぼやきながらも目的地に無事到着した。
旅の初めにサービス券をJTBさんから沢山貰ったけど、
肝心な券は、みんな11月16日までで使えないのだが
シーズンオフらしく、客数も少なく、露天風呂は独り占め!できた!
ラッキー!

 


 


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感