So-net無料ブログ作成
検索選択

酒田市観光-山形の旅3 [旅]

2013626日(水)-2

北陸自動車道をひたすら走り、午後2時過ぎ、酒田市に入る。

早速「本間家旧本邸」へ直行。

本間氏は、千石船での豪商であるとともに3千町歩を有する大地主。


IMG_2057.JPG


IMG_2060.JPG

本間家旧本邸は、三代光丘が幕府巡見使一行の本陣宿として

明和4年(1768)に新築し、荘内藩主酒井家に献上したが、

その後返された。瓦葺き平屋書院造りで、表から見れば二千石旗本の

格式を備えた長屋門構えの武家屋敷造りで、奥は商家造りとなっている。

本間家は、武家屋敷は普段使わず、商家造りの方で生活していたという。

このように二つの建築様式が一体となった建物は、珍しく、

他に例を見ないという。

IMG_2061.JPG

見学者は、僕らを入れて10人ほどなので、

ゆっくり説明を聞きながら見学できた。

IMG_2062.JPG

IMG_2064.JPG

本間家旧本邸から道路を挟んで別館が有り、

ここでは、当時の生活品などが展示され、売店もあった。

IMG_2067.JPG

近くに本間美術館があるというので、足を伸ばすことにした。

モダンな建物の美術館は、庄内藩主酒井家や米沢藩主上杉家からの

拝領品が中心だった。

IMG_2068.JPG

ところが、この美術館と同じ敷地に本名家別邸があった!

建物は「清遠閣(せいえんかく)」と呼ばれ、藩主が領内巡視の際の休憩所

としてつくられたが、大正14年には東宮殿下(昭和天皇)が宿泊されるなど

酒田の迎賓館としても使用されたという。

当時の建築様式や調度品が大正ロマンを感じさせてくれた。

清遠閣の前には、大きな庭園がある。

IMG_2069.JPG

IMG_2070.JPG

IMG_2075.JPG

IMG_2089.JPG

「鶴舞園」と名付けられている。

鳥海山を借景とする池泉回遊式庭園で文化10年(1813)に創られた。

池の中島に鶴が舞い降りたことから、藩主により名付けられたという。

IMG_2084.JPG

見所の多い本間家関係で、以外と時間を費やした。

で、急いで次の目的地、土門拳記念館に向かう。

酒田出身の世界的写真家土門拳氏の全作品を収蔵、展示する日本で

最初の写真美術館ということで、ここを選んだ。

この美術館は、飯森山公園の池の畔にある。

館内は撮影禁止なので、外観だけになった。

IMG_2100.JPG

館内は、すごく贅沢な空間があり、広い!

IMG_2099.JPG

IMG_2095.JPG

ゆったりとした椅子も、あちこちに設置されていて、

のんびりと作品を鑑賞できるように工夫されている。

閉館時間まで、鑑賞させてもらった。

酒田市立美術館も行きたかったが、タイムアウトになった!


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2つのすてきな出会い!-山形の旅2 [旅]

2013626日(水)

天気は、晴れ。

宿泊の姫川温泉ホテル国富 翠泉閣を出発、
糸魚川インターから、北陸自動車道を一路、山形県へ向かう。

ホテル国富 翠泉閣は、温泉も食事もおもてなしもすごくよかった。

ここで2つの出会いがあった。

食事会場に向かう途中に、展示されたものに目が留まった。

木で作られた風景画である。

その中で「草原の童」と名付けられた作品にこころが惹かれた。

IMG_2388.JPG

で、僕らの担当の若い女性の方に、この作品の種類を聞いた。

木象嵌(もくぞうがん)だという。

作者のリーフレットをいただいた。

img016.jpg

木象嵌とは、様々な色、模様の木々を意図する形に切って嵌(は)める技法で、

画家が絵の具を使って絵を描くように木々を使って絵を創るものだという。

作者は、小森谷 徹(こもりや とおる)さん。

img017.jpg

1958年に埼玉県幸手市に生まれ、2000年に“雪のある田舎暮らしにあこがれて

新潟県糸魚川市に家族で移住。2002年から独学で木象嵌を始められたという。


「あの作品は買えないんですか?」と聞くと

作品は、ホテルが展示だけお受けしているものだと気の毒そうにいう。

直接電話して聞いてみるようかと半分あきらめ気分で食事!

しばらくして、彼女が来て、

「小森谷さんに電話して聞いたら売ってもいいということでした。」と

値段を伝えてくれた。

その値段を聞いて、僕はびっくり!

なんと僕が考えていた値段と全く同じ値段だったのだ。

で、即刻買う返事をした。

翌朝、チェックアウトしていたら、彼女が作品を段ボール箱に厳重に

梱包したものを運んできてくれた。

小森谷さんに直接会ったわけではないが、作品を通じての

よき出会いであった。

ホテルを出るとき、ホテルの彼女は、玄関前の道路に立って

車で去って行く僕らを、いつまでも手を振り見送ってくれた。

僕も車の窓を開け、手を振って応えた。

長い坂を車が見えなくなるまで、

手を振り続ける彼女の姿をバックミラーに見ながら

心が熱くなるのを感じた。

おもてなしの極意を知らされた気がした。

これも印象的な出会いであった。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感