So-net無料ブログ作成
検索選択

信州の旅 その3 白樺湖から万座へ [旅]

2016年10月18日(火)

信州の旅3日目の朝は、爽快な天気だった。
ホテルの庭では、ナナカマドの赤い実がたわわに実り

IMG_2952.JPG

白樺の林の向こうではモミジが日の光を受けて、輝いていた。

IMG_2957.JPG

まずは、白樺湖を一周した。
対岸から眺めるとパイプの煙は見えないが(笑)ホテルは、
車山をバックに、湖にきれいに映り込んでいた。

IMG_2960.JPG

IMG_2956.JPG

IMG_2963.JPG

昨日は霧で見れなかった霧ヶ峰に再チャレンジすることにした。

IMG_2967.JPG

車山の山麓のパーキングエリアからは、富士山が望めた。

IMG_2971.JPG

車山を過ぎるといよいよ霧ヶ峰高原
なんだか郷愁を感じる風景である。
思わず、故郷の久住高原を思い出してしまった。
7月頃なら、ここらはニッコウキスゲが咲き誇っているところである。
が、私は、秋の草原風景の方が好きなのだ。

IMG_2975.JPG

IMG_2976.JPG

IMG_3013.JPG

IMG_2985.JPG

IMG_2988.JPG

IMG_2989.JPG

IMG_2994.JPG

霧ヶ峰で折り返して、車山の草原を眺めながら白樺湖に戻る。

IMG_2999.JPG

IMG_3001.JPG

IMG_3004.JPG

IMG_3007.JPG

IMG_3012.JPG

IMG_3013.JPG

IMG_3022.JPG

眼下に白樺湖が今日は、はっきりと見えた。

IMG_3017.JPG

IMG_3018.JPG

白樺湖から北上し、女神湖で、休憩。
ここの秋色も素晴らしい。

IMG_3025.JPG

IMG_3028.JPG

IMG_3029.JPG

大門街道をさらに北上し、千曲川を越えて、
湯ノ丸高原、地蔵峠を経て、池の平に訪れる。

IMG_3036.JPG

IMG_3038.JPG


IMG_3077.JPG

カラマツ林を抜けると、そこは広々とした池ノ平である。

IMG_3074.JPG

以前、夏に訪れたことがあるが、そのとき、
いつかは、秋にも是非訪れたいと思った場所である。
以来、十数年ぶりの念願が叶ったことになる。
想像したとおりの姿で迎えてくれた。

IMG_3045.JPG

IMG_3053.JPG

IMG_3057.JPG

IMG_3064.JPG

以前訪れたとき、池にはアヤメが咲いていて
私は、アヤメ池とばかり思っていたが
標識は、「鏡池」と書いてあった。

IMG_3065.JPG

ただ、少し残念なのは、下界は晴れていたのであるが
ここでは、雲が空を覆っていた。
なにしろ、標高2,000mの場所であり、天候はすごく気ままなのだ。
木道に腰を下ろして、昼食をとった。
時折、雲の切れ目から、部分的に日が差してくる。
こういうところで、おだやかに死を迎えられたらとフト思った。

IMG_3066.JPG

木道の下から、名も知らぬ草花が私達を見上げていた。

IMG_3041.JPG

IMG_3071.JPG

名残は尽きないが、後ろ髪引かれる思いで、万座ハイウェイへ向かう。

IMG_3080.JPG

IMG_3087.JPG

IMG_3088.JPG

IMG_3090.JPG

途中、嬬恋牧場でコーヒータイム
ここには、「愛妻の鐘」というものがあるのだが、
さすがに私は、ならす気になれなかった。
代わりに若いカップルがならしていた。

IMG_3094.JPG

IMG_3091.JPG

IMG_3092.JPG

紅葉に燃える山を眺めながら、
今夜の宿、万座温泉聚楽に向かった。

IMG_3099.JPG

宿では、早速野趣味豊かな露天風呂で夕暮れを満悦。
多くの宿泊客がいるのに、なぜか露天風呂は独り占めできた。
やがて一番星が迎えてくれた。
夕食の一杯が楽しみである。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

信州の旅 その2 美ヶ原へ [旅]

2016年10月17日(月)

旅行2日目の朝、雨の音で目が覚めた。
外を眺めると土砂降りである。
なんたること!
でも、めげずに予定通りに出発した。

IMG_2862.JPG

IMG_2863.JPG

が、うれしいことに諏訪湖PAに着いた頃は、雨がやんでいた!

IMG_2867.JPG

IMG_2866.JPG

諏訪ICを出て、諏訪湖を背に霧ヶ峰を目指す。
すれ違う車もない!
こんな日に霧ヶ峰に向かう人は、いないようだ。
霧ヶ峰高原に着いても、見えるのは目の前の道だけ。

IMG_2881.JPG

立木も眠りこけたように立っている。

IMG_2871.JPG

霧の中で車を止めて、昼食!
またもラッキーなことに、霧が晴れて、諏訪の町が雲間に見えてきた。

IMG_2890.JPG

霧の駅からビーナスラインに入り、一路美ヶ原を目指した。

IMG_2893.JPG

IMG_2897.JPG

美ヶ原の急なヘアピンカーブで10人ほどの自転車グループに出会った。
この急な坂道を自転車に乗ってすたこら登っているにはびっくり!
で、「頑張れ!」と声援を送る。
「どこから来たの?」と聞くと、なんと台湾だという。
再び、びっくり!

この坂道、本当に登れるのだろうかと案じながらも、
お先に山本小屋ふる里館に到着。
美味しいコーヒーをいただく。
「そのうち、台湾の人たちが10人ほど来るよ」と伝えると
「賑やかになるね」とうれしそうにしていた。

そこから、徒歩で高原に向かう。

IMG_2903.JPG

やがて、彼方に美しの塔が見えてきた。
どんよりとした空も青空を見せ始めた。

IMG_2910.JPG

IMG_2907.JPG

牧場では、牛がのんびりと草を食べていた。
突然、妻が私の体を引っ張って大声で「うし! うし!」と叫ぶ。
私はびっくりで、なにゆえに牛でそんなに大騒ぎするんだと思う。
これも「妻の不思議」の一つである。

IMG_2914.JPG

IMG_2916.JPG

とにかく「美しの塔」にたどり着く。
ここは標高2000m、鐘を鳴らして、景色を楽しむ。

IMG_2921.JPG

IMG_2922.JPG

IMG_2923.JPG

IMG_2924.JPG

IMG_2926.JPG

IMG_2931.JPG

ふる里館へ引き返していたら、例の台湾の人たちがやってきた。
「がんばったねえ!」と声をかけると、うれしそうに手を振る。
彼らは、今日はここでお泊まりのようである。

IMG_2928.JPG

私達は、霧ヶ峰まで引き返し、車山を通って、白樺湖に向かう。

IMG_2938.JPG

IMG_2939.JPG

IMG_2941.JPG

途中、再び霧にであった。
でも、それもつかの間だった。

IMG_2943.JPG

今夜の宿は、「ホテルパイプのけむり」だ。
到着後、早速露天風呂で疲れを癒やす。
部屋の窓から、暮れゆく白樺湖畔を楽しんだ。

IMG_2951.JPG







 


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

信州への旅 その1 [旅]

2016年10月16日(日)

秋風に誘われ、にわかに旅心が目覚めて、小さな旅に出た。
初日の行き先は、しらびそ高原と下栗の里。
下栗の里は、「日本のチロル」といわれている。
百名山の登山家深田久弥氏が
「下栗ほど美しく平和な山村を私はほかに知らない」と絶賛している。
南アルプスを望む飯田市上村の東面傾斜面にある標高800m~1,000m所にあり
最大傾斜38度の傾斜面に点在する集落である。
ここはいわゆる観光施設ではない。
昔から今まで人々が住み生活している里である。
村の人に聞くと、昭和十年頃までは、炭の生産で村は栄えていたという。
その小学校跡地に今は、地元特産物の直売店などがある。

IMG_2850.JPG

IMG_2851.JPG

そこに車を止めて、坂道を上り、村人が総出で作ったという山道がある。
人一人通れるような小径が険しい傾斜地に作られていて、
すれ違うときは、いずれかが立ち止まって道を譲らねばならない。

IMG_2833.JPG

その先に下栗の里を一望できる手作りの小さな展望台がある。
手作りなので「定員10名」と書いてあった。

IMG_2797.JPG

IMG_2822.JPG

IMG_2827.JPG

IMG_2819.JPG

IMG_2820.JPG

IMG_2821.JPG

景観を楽しんだ後は、しらびそ高原に向かう。

IMG_2852.JPG

IMG_2854.JPG

IMG_2857.JPG


しらびそ峠を越えると、今夜の宿「ハイランドしらびそ」である。

IMG_2796.JPG

IMG_2859.JPG

ここは標高標高1,918mにあり、雄大な南アルプス・中央アルプス・北アルプスの
パノラマが楽しめる。
高原では、もう夕暮れが訪れていた。

IMG_2861.JPG

明日は雨の予報が出ていて、この先が心配であるが、疲れたので一杯飲んでねる。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感