So-net無料ブログ作成
検索選択

湖東三山を行く3 百済寺 [散策]


百済寺は、推古天皇の時代に聖徳太子が百済人のために創建したという寺で
百済国の「龍雲寺」を模して創建されたという。
歴史は湖東三山の中で最も古い。
百済寺の読みは「ひゃくざいじ」で「くだらじ」ではない。
訪問してこのことを初めて知りました。

なお、この寺の境内は国の史跡となってるという。
最盛期には、千坊の寺院が並び千人を越える僧侶がいたらしい。
が、火災で焼失、さらに織田信長の焼き討ちにあい、多くが消失したという。
表参道は、落ち葉でうまり、紅葉の名残を残していた。

IMG_0551.JPG

まずは受付をとおり、庭園を散策。

IMG_0596.JPG

紅葉の名所ながら、今はもう冬の姿になっていた。

IMG_0553.JPG

IMG_0554.JPG

IMG_0561.JPG

庭園から本堂に向かうが、これが私にとっては難所なのだ。
一緒に来た人たちは表参道を登るが、私は、なだらかな脇参道を行く。

IMG_0564.JPG

それでも、息切れがして、歩は亀さんだ。
最後は、逃れられない石段が続く。

IMG_0573.JPG

必死の思いで仁王門を通過!

IMG_0578.JPG

本堂に到着するもフラフラである。
友達はみんな上で待っていてくれた。
が、踏ん張って本堂に入る。

IMG_0581.JPG

俗な私は、美仏見たさの一心(笑)
「院派の銘作」と歌われる如意輪観音と聖観音様である。
観光案内には、あまり書かれていないが
「一生に一度は見たい」といわれる美仏が二体あるというのだ。
で、拝ませて貰った。
これで一安心!

hizirikannnon.jpg
              (聖観音)

nyoirinkannon.jpg
               (如意輪観音)

本堂のそばにある千年菩提樹も会うことが出来た。
やれやれである。

IMG_0584.JPG

IMG_0583.JPG

遙か西方で夕暮れにかすむ比叡の山々を眺めながら下山した。
ほっとした気分だ。


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湖東三山を行く2 金剛輪寺 [散策]

西明寺を後にして、南下し金剛輪寺へと向かう。
この寺は、湖東三山の真ん中の寺で、国宝・重要文化財が最も多い。
それは、織田信長の焼き討ちから免れた物が多いと言うことである。

IMG_0531.JPG

聖観音と書かれた赤提灯の下がる門を入ると受付がある。

IMG_0532.JPG

IMG_0536.JPG

そこから石畳の坂道を登る。両側には石垣が有り、かってそこには
多くの寺院が建ち並んでいたという。

IMG_0535.JPG

突き当たりに「赤門」があり、そこを右に登っていくと

IMG_0537.JPG

道の両側に沢山の石仏が赤いエプロンを掛け、風車が備えられている。

IMG_0538.JPG

IMG_0543.JPG

IMG_0540.JPG

わりと急な坂道をひたすら登ると急な長い石段が待ち受けている。
石段を登り切ると重要文化財の二天門にたどり着く。

IMG_0545.JPG

IMG_0544.JPG

門を入れば、正面に本堂、左手に真っ赤な紅葉があった。
「血染めのモミジ」と呼ばれている。

IMG_0542.jpg

IMG_0549.JPG

その奥に重要文化財の三重塔があった。

IMG_0550.JPG

本堂では、ちょうど今日が最後の秘仏公開日であった。
それは、天平時代に作られたという小さな仏像「聖観世音菩薩」
ありがたく拝んで下山した。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

湖東三山を行く 西明寺 [散策]


湖東三山は、滋賀県湖東地方の西明寺、金剛輪寺、百済寺の三つの天台宗
寺院の総称である。
琵琶湖の東側、鈴鹿山脈の西山腹に位置し、百済寺の南東に位置する永源
寺と共に紅葉の名所として知られている。

が、私達が訪れたのは、12月8日で、紅葉も終わりの頃だった。
まずは、三山の内、最も北側にある 龍應山西明寺に行った。

IMG_0514.JPG

IMG_0513.JPG

この寺の見所は、なんと言っても本堂である。
国宝第一号の建築物なのだ。
鎌倉時代の初期、飛騨の匠が建立した純和風建築で、
釘が一本も使用していないというのだ。
堂内は撮影禁止だが、重要文化財の鎌倉時代の仏像が並んでいる。
その中になぜか浄土真宗を開いた「親鸞聖人座像」もあった。

IMG_0522.JPG

本堂の横には、同じく国宝の三重塔があるが、こちらも釘を使っていない
建築物だそうだ。

IMG_0521.JPG

山門は、室町時代初期に建立された物で二天門と呼ばれ、
これも重要文化財である。

IMG_0523.JPG

IMG_0518.JPG

IMG_0519.JPG

庭園は、「蓬莱庭」といい、国指定の文化財だ。
池泉回遊式の庭園で、池の中央に折り紙の形をした鶴島と亀の形をした亀島
がある。

IMG_0517.JPG

ところでなんと桜が咲いていた。
天然記念物の西明寺不断桜である。春秋冬に開花するという。樹齢は250年以上になるらしい。
で、これも県の文化財に指定されている。

IMG_0528.JPG

二天門の階段下には、夫婦杉があった。

IMG_0525.JPG

IMG_0524.JPG

IMG_0530.JPG

なにやら、宝物が一杯の寺ながら、季節外れなのか訪問者は、わずかだった。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もみじ三昧 [散策]

2016年11月22日(火)

おだやかな天気に誘われて、帰省したのを機に、近くの紅葉で有名な
用作(ゆうじゃく)公園に出かけてみた。

IMG_0289.JPG

昔は朝地町だったが、今は町村合併で豊後大野市に組み込まれた。
町の紹介や公園については、町の能書きにお任せして、紅葉を堪能した。

IMG_0288-2.JPG

IMG_0290-2.JPG

IMG_0295.JPG

この公園は、近くにありながら、生まれて初めての訪問である。
「もじみ祭り」の幟があがり多くの観光客で賑わっていた。

IMG_0296.JPG

IMG_0299.JPG

IMG_0301.JPG

IMG_0308.JPG

IMG_0309.JPG

IMG_0310.JPG

IMG_0312.JPGIMG_0312.JPG

IMG_0315.JPG

IMG_0316.JPG

IMG_0317.JPG

IMG_0318.JPG

IMG_0319.JPG

ふるさとの町も捨てたもんじゃないなあと思った(笑)


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

やまなみハイウェイを行く その3 瀬の本高原 [旅]


長者原を後にして、三股山を左に見ながら南へ向かう。

IMG_0130.JPG

坂道を登りきると、そこは牧ノ戸峠(標高1,330m)である。
ここからは、遠くに阿蘇の連山を眺めながら、ひたすら下る。

IMG_0131.JPG

瀬の本高原が目の前に広がる。
うねうねと続く草原の中を阿蘇に向かって走る。

IMG_0132.JPG

IMG_0135.JPG

IMG_0139.JPG

IMG_0148.JPG

IMG_0151.JPG

IMG_0156.JPG

途中、いつも立ち寄るところがある。
人家もまったく見えないのに、ポストだけがポツンと立っているのである。
なにか不思議な風景だが、このポストはちゃんと管理されていて
夏に立ち寄ったときには、ポストに竹筒が取り付けられていて
花が生けてあったのだ。
きっと、この草原の奥の家の方が、郵便屋さんに便宜を図って、道路際に
ポストを設置したのではないかと勝手に想像している。

IMG_0160.JPG

IMG_0161.JPG

IMG_0163.JPG

IMG_0170.JPG

IMG_0171.JPG

IMG_0172.JPG

IMG_0174.JPG

IMG_0175.JPG

IMG_0178.JPG

やがて、阿蘇の外輪山へ至る。

IMG_0277.JPG

さらにひたすら下ると阿蘇神社を経て、宮地駅に到達
ここが、やまなみハイウェイ南端である。
で、この章もここで終わります。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やまなみハイウェイを行く その2 長者原 [旅]


湯布院の町を通り抜け、水分峠をこえる。
やまなみハイウェイは、別府と阿蘇を結ぶ高原ハイウェイなのだ。
小田の池、山下湖を左に見ながら、さらに進む。

やがて、高原が目前に広がる。
久住高原である。
朝日台というレストランで休憩
朝のコーヒーは、格別である。

右手に千町無田を眺めながら、さらに進むと飯田高原。
ここには、自然動物園、美術館、湯の宿などが点在する。
温泉付き貸し別荘もある!

やがて、長者原画見えてくる。
正面には、久住連山、噴煙を上げている山もある。

IMG_0114.JPG

IMG_0107.JPG

長者原ヘルスセンターで朝食休憩をとる。
大きな駐車場は、登山者の車で一杯!
ここにはビジターセンターも有り、散策!
草原では、ススキ刈りが行われていた。

IMG_0108.JPG

我が家の女帝は、丘に上がって国見である。(笑)

IMG_0113.JPG

IMG_0116.JPG

タデ原湿原では、木道が設置されて、散策できるようになっている。
筑後川源流の碑があった。
さすがの私も初めての認識である。

IMG_0120.JPG

山での遭難者の救援に活躍したという「平治号」という名の
犬の銅像もある。

IMG_0123.JPG

が、私は、こちらが気に入っている。

IMG_0121.JPG

「坊がつる讃歌の碑」(原文のまま)

1 人みな花に 酔うときも
  残雪恋し 山に入り
  涙を流す 山男
  雪解(ゆきげ)の水に 春を知る

2 ミヤマキリシマ 咲き誇り
  山くれないに 大船(たいせん)の
  峰を仰ぎて 山男
  花の情を 知る者ぞ

3 四面山なる 坊がつる
  夏はキャンプの 火を囲み
  夜空を仰ぐ 山男
  無我を悟るは この時ぞ

4 出湯の窓に 夜霧来て
  せせらぎに寝る 山宿に
  一夜を憩う 山男
  星を仰ぎて 明日を待つ

5 石楠花谷(しゃくなげだに)の 三俣(みまた)山
  花を散らしつ 篠分けて
  湯沢に下る 山男
  メランコリーを知るや君

6 深山紅葉(みやまもみじ)に 初時雨(はつしぐれ)
  暮雨滝(くらさめたき)の 水音を
  佇み聞くは 山男
  もののあわれを 知る頃ぞ

7 町の乙女等 思いつつ
  尾根の処女雪 蹴立てつつ
  久住(くじゅう)に立つや 山男
  浩然の気は 言いがたし

8 白銀(しろがね)の峰 思いつつ
  今宵湯宿に 身を寄せつ
  斗志に燃ゆる 山男
  夢に九重(くじゅう)の 雪を蹴る

9 三俣の尾根に 霧飛びて
  平治(ひじ)に厚き 雲は来ぬ
  峰を仰ぎて 山男
  今草原の 草に伏す

Youtube「坊がつる讃歌 芹洋子」
https://www.youtube.com/watch?v=SMif4N9EZuI

久住山に初めて登頂したのは、高校生の時だった。
学校では、友人だけで登頂することは禁止されていたが
それでも友人と1拍2日のスケジュールで登った。
一夜の宿は、法華院温泉だった。
あとで、先生から大目玉をもらった(笑)

以来、山にあこがれ、いろんな山に挑戦した。
「アルプス一万尺」や「夏の思い出」、「いつかある日」
「雪山賛歌」などが、「坊がつる讃歌」と共に愛唱歌だった。
いまでは遠い昔のこととなった。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やまなみハイウェイを行く その1 鶴見岳・由布岳 [旅]

2016年11月16日(水)

里心に誘われて、大分港に上陸、
朝焼けのの始まりかけた別大国道を走る。
行く手にフルムーンが鶴見岳の上に静かにたたずんでいた。

IMG_0067.JPG

で、その鶴見岳を右手に見ながら山道を進む。
やがて、朝の光に照らされた由布岳登山口に到着。
ひんやりとした清い大気に包まれる。

IMG_0077.JPG

晩秋の由布岳は、燃え立つように美しい!

IMG_0071.JPG

IMG_0075.JPG

IMG_0078.JPG

IMG_0079.JPG

IMG_0080.JPG

IMG_0082.JPG

IMG_0085.JPG

IMG_0087.JPG

フト見ると登山を始めた人の姿があった。

IMG_0081.JPG

由布岳の南麓を回りながら進むと由布岳の違った姿も見れる。

IMG_0092.JPG

IMG_0094.JPG

展望台から、湯布院の町が一望できた。

IMG_0093.JPG

ようよう朝日が差し始めていた。


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行